宮崎みんなのポータルサイト miten !でグルメ・イベント等の生活情報をチェック!
働いてミテン
ユーザー名:
パスワード:
トップ | 無料会員FAQ | サイトマップ | リンク集 |
すべて 食べる
遊ぶ 買う
キレイ 暮らす
健康 医療・福祉
でかけてmiten
買ってミテン
働いてミテン

2011/11/9(水曜日)

街市×宮商マーケット

街市×宮商マーケット10月29日(土)、神武さまの祭りに合わせて行われた「街市」では、宮崎市中心地の商店街の活性化につなげようと宮崎商業高校の生徒達による「宮商マーケット」が参加して行われました。

「街市」とは、宮崎商工会議所の宮崎農商工連携サポートセンターが「宮崎県産の地産地消・ブランド化をサポート」しようと企画しているもので、宮崎で最も人が集まる一番街に、県内の「佳いモノ」を大集合させ、街を元気に、宮崎を元気にしよう!と毎月1回(第4土曜日)行われています。

今回は、神武さま(宮崎神宮大祭)の開催に合わせて10月29日に行われました。

若草街市(宮商マーケット)の様子1一方「宮商マーケット」は、例年は学校内で近隣住民やPTA、生徒を販売対象として販売実習を行っていたものですが、今回は中央通り商店街の活性化に寄与するため、街市とタイアップして行われました。

宮商マーケットを開いた若草通りには、生徒達の元気な声が賑やかに響いています。

実習を行ったのは商業高校の2年生(320名)です。
1クラスを2つに分けて、1クラス2店舗ずつ出店します。まずは、一人1,000円ずつ出資して会社を作ります。自分達で何を販売するか考え、仕入れの交渉や値段設定など、実際に会社を運営するようにほぼ全ての作業を生徒達で行います。

会社には、実際の会社と同じく「社長」「副社長」「仕入」「販売」「経理」「広報」・・などと役割を担当する人がそれぞれいます。また、マーケット内にはお金を管理する宮商銀行なるものもありました!本格的です。
若草街市(宮商マーケット)の様子2

ここは、授業で学んだことの実践の場。先生方は、仕入れや販売にあたっての言葉使いや礼法など、日ごろから挨拶のできる人間になるように指導をしているのだそうです。

実習をしている生徒さんに話を聞いてみました。

若草街市(宮商マーケット)の様子3◆[MA・SHOP24 24HR]の男子生徒(商業科)
「初めて学外で行うので、例年とは販売対象が異なることを考えて取り扱う商品を選びました。神武さまを観に来たお年寄りでも食べやすいように煎餅やかりんとうを選び、若い人向けにはパンを用意しました。」
目標は完売とのことで、かりんとうの試食を手に、積極的に街ゆく人に声をかけていました。

◆[私たち高校生がおいしい野菜を売ります 23HR]の男子生徒(商業科)
「普通に野菜を売るのではなく、全国規模で有機野菜や低農薬野菜を販売している『らでぃっしゅぼーや』から野菜を仕入れ、今、消費者が気にしている『安心・安全』を売りにしようと考えました。他にも、宮農業高校から仕入れた、米とみかんもあります。」
若草街市(宮商マーケット)の様子4社長という役割で活動した彼にとって、大変だったのは、会社のみんなをまとめ、指示を通す事だったそうです。将来の目標はまだ定めていませんが、何にでもなれるよう頑張りたいと話していました。

◆[経華KONNE 28HR]の女子生徒(経営科学科)
「県北の特産品で、普段はなかなか地元まで行かないと買えない物を取り扱っています。POPを作ったり、値段を市場より少し安くするなどの工夫をしました。全国から集めた中から販売商品を選ぶのが大変でした。」
この日は彼女もお気に入りという日之影の青唐辛子味噌を大プッシュ。キュウリに合うので、試食できるようにみんなで分担して試食の準備をしたそうです。将来は税理士さんになりたいと話してくれました。

若草街市(宮商マーケット)の様子5◆[TRICK OR 24 24HR]の女子生徒達
季節のイベント・ハロウィンのお菓子を販売。子供向けにゲーム要素を入れた楽しいお店です。依頼の時期が遅かったため、仕入れ先から断わられる事があり、苦労したそうです。経理部門が苦労をしないよう、ワンコインでやりとりができる値段設定にしたそうです。そうすることで、1円玉などが出ず、経理担当者の負担を減らすことができるのではないかと見込んでいました。

★宮商レンジャー
宮商レンジャーそして、会場中央に設けられたステージでは、正義の味方!宮商レンジャーのショーが行われていました。子ども達にも大人気!?
これは、販売を担当している2年生ではなく、3年生が販売戦略の課題研究として“どうやってお客さんを集めるか”というテーマのもとに行う立派な研究なのです。このイベントの告知のために、宮崎市内の全保育園にチラシを配布したそうで、子供を持つ家族連れに来て欲しいという顧客戦略の一つとのことでした。正義の味方もだてではありません!

各々に工夫をして賑やかに開催された宮商マーケット。
今回の収益は、宮崎市へ経済発展のための寄付、東日本大震災への寄付、そして来年以降の販売実習の準備金として活用されるそうです。

□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□

街市一方、橘通りを挟んで一番街では、『街市』が行われていました。こちらも賑わっています!!

街市には、宮崎県内各地からおいしいものが沢山集まります。
今回は35店舗が出店し、若草通の宮商マーケットの若者パワーに負けず劣らずの元気な声で、呼び込みをしていました。

街市の様子(まるみ豚バーガー)行列ができていたのが「まるみバーガー」。川南町でまるみ豚を生産している共同ファームの人気のバーガーです。お肉の焼けるい〜い匂いが、風にのって辺りに漂います。
口蹄疫の時に、残念ながら、一度全ての豚を失ってしまいましたが、今回はそこからの復活ということでも注目が集まっていました。

街市の様子(山路ベリー園)他にもアーケード内には、野菜や加工食品、疲れたらマッサージも・・・と様々な店が並んでいます。
体の冷えを気にする女性が立ち止まっていたのは、山路ベリー園から出された新商品、佐土原生姜クラブ「ジンジャーシロップ」です。試飲させてもらうと、ピリリと生姜の刺激と甘みが混じる味です。水やお湯、炭酸水で割って飲めるそうです。手軽にぽかぽかになれるので、これからの季節におすすめです。

農サポが運営する町土の店、食ーkuーも出店していました。
生産者の顔が見える採れたて野菜が人気で、旬の梨や栗、さつま芋などが次々に売れていました。また、安心食材を使った、体に優しいスイーツもありました。小松菜やにんじんが使われた野菜ケーキ(小林市)や、はぁとパンの街市限定商品、ハロウィン仕様のカボチャが練り込まれたもちもちパンも注目を集めていましたよ。
街市の様子(食-ku-)

こちら「街市」も試食があったり、お店の方とのふれあいがあったりで活気が溢れています。
実際に生産している方が販売している事も多いので、直に話をすると、商品にまつわる話が聞けたりして、楽しみも倍増します。

宮崎には、情熱を持って生産・販売に取り組まれている方々が多くいらっしゃいます。
農商工連携サポートセンターでは、食材の生産者と食材を活用した加工者を、そしてそれを販売する方々をつなぐ役割を果たそうと日々活動されています。また、地元の食品をもっともっと食べて欲しいと、食育にも力を入れていらっしゃいます。

地産地消という言葉が定着しつつある今ですが、もしかすると、私たちは身近なところにある優れた食品や食材を見逃している事もあるかもしれません。
食の安全に重きがおかれている昨今、生産者の顔が見える街市で、さらなる宮崎の食の良さ・お店の良さを発見してみませんか?

そして今回、若さのパワーで街に人を呼び込んだ宮商マーケットの生徒達が、いずれこの街を更ににぎやかな街にする、その一端を担ってくれれば、それもまた嬉しい事だろうと思いました。

※街市は毎月第4土曜日、13:00から一番街(若草街市は若草通)で開催されます。次回は11月26日(土)開催です。

□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□

■□ 協力 □■ ※【】内をクリックすると各サイトが開きます。
宮崎商業高校 【ホームページ
街 市 【街市.jp】、モバイルは【こちら
宮崎農商工連携サポートセンター 【ホームページ】、
 【うまいもんみぃつけた】・・・農サポからおいしい情報、フレッシュで耳よりな情報、生産者情報をお届けします。(※携帯電話からでもご覧いただけます。)


 | mitenco | 09:28:19

2011/5/20(金曜日)

祝・「日南一本釣りカツオ炙り重」1周年

会場4月28日(木)に、ホテルシーズン日南にて、九州初の新・ご当地グルメとして誕生した「日南一本釣りカツオ炙り重」の1周年記念フォーラムがありました。「カツオ=高知県」というイメージが強いですが、実は、宮崎県日南市は、「一本釣りカツオ」水揚げ日本一ということで、地域の食材を活用して開発し、誕生したのが、「日南一本釣りカツオ炙り重」。2種類の漬けカツオを七輪(木炭)で炙って、重箱に盛られたご飯にのせていただく料理です。

かんぽの宿

そして、4月より、2年目に突入!新たに「日南一本釣りカツオ炙り重」が食べられるお店として、かんぽの宿日南、堀川レストランとむら、が新たに仲間入り。写真上が、かんぽの宿日南さん、写真下が、堀川レストランとむらさん、どれもおいしそうです。是非、近くにお立ち寄りの際は、お立ち寄り下さい♪♪

堀川レストランとむら

地域の食材を使った「新・ご当地グルメ」は、都城や、東児湯郡でも新たな動きが。東児湯郡は、関係者を中心に地域の方と連携してこれから開発を進めてゆくそうですが、都城市では、もうすぐ今年の夏ぐらい、新たな「新・ご当地グルメ」が、誕生するそうです。その名も、「都城焼き肉三昧炭火定食」。

トークセッション

さらに、「日南一本釣りカツオ炙り重」2年目の挑戦として、都城の「都城焼き肉三昧炭火定食」との「炙り同盟(仮)」などの連携も予定されているそうです。県内でいろいろな新・ご当地グルメが誕生し、それを頂ける楽しみ。また、地域に足を運んで楽しめる機会が増え、今後ますます楽しみですね!地域の食材を使ったグルメで、宮崎を元気に!

★今回取材にご協力頂いた★

日南一本釣りカツオ料理推進協議会HP

http://www.icchaga.net/aburi/

日南一本釣りカツオ料理推進協議会ブログ

http://www.icchaga.net/aburi/blog/


 | MR-M | 10:04:42

2010/10/18(月曜日)

コンセイエってなぁに?

コンセイエって?“コンセイエ”という言葉、聞いたことありますか?

レストランでワイン選びのアドバイスをする人を「ソムリエ」と呼びますが、小売店で同じようにワイン選びのお手伝いをする人を「コンセイエ」というそうです。

フランス食品振興会(SOPEXA)が認定しているこの資格は、宮崎県内では4人の方が保有しており、そのうち2人は宮崎市内にスーパーマーケットを展開するFoodaly(フーデリー)にいらっしゃいます。今回は、フーデリー青葉店で働くコンセイエ・城村美智子さんにお話しをうかがいました。

○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○

──早速ですが、城村さんがコンセイエの資格を取ろうと思ったきっかけは何ですか?
「当社のもう1人のコンセイエ(宮田理恵さん)が2005年にコンセイエの資格を取得したのですが、その後宮田に勧められて資格取得を考え始めました。ワインについてもっと詳しくなりたいとも思っていましたので、勉強をして2006年に資格を取得しました。」

ワインがずらり──城村さんは元々ワインがお好きだったのですか?
「実は、私はビールを1杯程しか飲めなかったんです・・・。あるとき社内でワインの勉強会があり、ワインと食材の食べ合わせで味が変わるということを知ってワインに興味を持ちました。それから少しずつ自分でワインを買って飲むようになり、だんだんワインを飲むのが好きになりました。今ではほぼ毎日ワインを飲んでいます♪」

──資格取得は大変でしたか?またその為にどんな勉強をされたのですか?
「合格率は1割程度と言われています。小売店向けの資格なのでワインの知識から販売についてまでの幅広い分野から問題がでました。
始めの頃はワインの味の表現についても全く分かりませんでした。例えば“ミネラル感”というのはどういう味なんだろう?と知るためにミネラル成分の高いミネラルウォーターを毎日のように飲んで、水道水と比べたりして味を覚えました。今でも1日1回はワインの本を開いて見るようにして、勉強を重ねています。」

──コンセイエは実際にはお店でどのようなサービスをしているのですか?
「コンセイエとは、『助言者』という意味です。当店に買い物に来られたお客様が知りたいと思うワインのことについて色々なアドバイスをしています。よくあるのは、贈り物の相談や、『こんな味のワインはありませんか?』といったご質問です。贈り物の場合は、相手の好みや予算などを聞いておすすめしています。
よく『白身魚には白ワイン・肉には赤ワインが合う・・・』と言いますが、その枠を超えて、普段の食卓に並べる餃子やカレーといった日常の食事にも合うワインをご提案しています。」

──宮崎といえば、焼酎のイメージがありますが、ワインを飲まれる方は多いですか?
「当店では30〜40歳代の女性のお客様が多いですが、男性のお客様もワインを買いに来られますよ。お気に入りのワインはケースごと買われる方もいらっしゃいます。」

──ケースですか!?すごいですねぇ。
「当店では、だいたい7日〜10日に1回の割合で商品の入れ替えを行っています。同じ商品を置かずにどんどん商品を入替えて、いつ来ても新鮮なものがあるように配慮しています。だからお気に入りのワインがあると、その時にまとめ買いをされる方もいらっしゃいます。特定のワインを希望される方には予約注文も受けています。」

レアなワインも!──どんなワインが人気ですか?
「宮崎の人は“濃い〜!”ワインを好まれる方が多いです。宮崎の料理の味付けは甘辛いので、赤の濃い味のワインが好まれるのが地域的な特徴と言えるでしょうね。季節的に言うと、夏場は白ワインやロゼがよく出ますね。でもこれから冬になると、断然赤ワインが選ばれるようになります。」

──そうなんですか。季節や地域の味付けの特徴もあって面白いですね!
「和食って意外とワインと好相性なんですよ。和食は味噌や醤油といった発酵食品が使われますが、ワインも発酵してできたものなので合うんですよ。」

──スーパーで買い物をしながら、今夜の食事はこれにしようと決めたあとすぐに、その場でぴったりのワインもおすすめしてもらえるのは便利ですね。
ちなみにお店では何種類のワインが扱われていますか?

「フーデリー青葉店では、約150〜200種類のワインを置いています。“自分たちの口に入らないものは置かない”と、こだわって自然派ワインを扱っています。お客様にご説明するためにも、全て自分たちで試飲をしたものを(店頭に)置いています。」

POPを読むのもたのしい──自然派ワインとはどんなものですか?
「よくワインは酸っぱいイメージだとか言われますが、中には、ワインに添加物や防腐剤などが入っていて酸っぱく感じることがあります。当店で扱う自然派ワインは添加物や化学肥料、防腐剤、砂糖などを使わず作ったワインです。とても飲みやすいので、私は毎日おいしくいただいています(笑)。」

──なるほど。色々な事が味に影響しているんですね。どのような基準で取り扱うワインを決めているのですか?
「生産地を訪れてワインを選んでいます。まずは造りが丁寧であるということ、そして人柄の良い方が作ったワインを選んでいます。『嘘でしょう!?』ってよく言われますが、ワインの味には作った人の人柄がでるんですよ!優しい性格の人とギスギスした性格の人とが作ったワインでは全然タイプが違います。優しい人のワインは凄く優しい味がするんですよ。」

──不思議な話ですが、手間ひまかけて作るワインですからそういう思いも表れるんでしょうね。これからの目標や夢などありますか?
「普段の食卓から、常にワインを置いておいていただきたいです。そういう風にワインを広めていけたらと思います。宮崎にはまだ少ないですが、居酒屋さんやお好み焼きやさんなど、ワインと一緒にいただけるお店がたくさん増えてワインがもっと身近になればいいなと思います。」

○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○

種類も産地も様々なワイン。目的や気分に合わせて選んでみるのはいかがでしょう?
「ワインは値段じゃないですよ」と城村さんは言います。皆さんも気軽にコンセイエの方に声を掛けてみてください。今まで知らなかったワインの楽しみ方を教えてもらえるかもしれません。

◆コンセイエの方に気軽に聞いてみよう!◆
コンセイエに相談!例えば・・・
1)今日の晩ご飯に合うワインをおすすめしてもらおう!
 Q.「今日は焼肉!どんなワインが合うでしょうか?」

焼肉にあうおすすめワインは・・・ A.「そうですね〜、スペイン産の濃いめのワインなんかいかがでしょう?お肉にも合いますよ!」

城村さんおすすめワイン2)お買い得なワインを聞いてみよう!
 Q.「今おすすめのワインはありますか?」
 A.「これなんかいかがですか?イタリア産のさわやかな味の白ワインです。優しい味の和食、例えば酢の物にも合いますよ。」

店内のPOP広告は全て城村さんが作っているそうです。全て飲んでいるからこそ、自信をもっておすすめできるんですね。ワインについての広い知識を持つコンセイエが書いたPOP広告は、読むだけでも楽しくなります。

○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○

゜。○これから新酒の季節!○。゜
Foodaly各店では、フランスのボジョレー地区で作られた新酒(=ボジョレー・ヌーボー)と合わせて、他の地域で作られた新酒(=ヌーボー)もおすすめしています。自然酵母で作られているワインなので、半年後くらいに飲むと熟成されて更においしくいただけるだろうとのお話しでしたよ。
各種ヌーボーは只今予約受付中!詳しくはフーデリーのホームページをどうぞ。
ワインの話題もたくさん♪城村さんのブログもぜひご覧下さい。城村さん、今回はご協力いただきありがとうございました!

今回ご協力いただいたのは・・・
フーデーリー青葉店┏○o。.。────────────────────┓
 ●Foodaly(フーデリー) 青葉店
 宮崎県宮崎市宮崎駅東3丁目12番地6
 TEL: (0985) 73-8833
┗───────────────。.。o○┛
※各リンク先は携帯電話からは閲覧できない場合があります。


 | mitenco | 19:53:47

2010/8/12(木曜日)

口蹄疫からの復興『はざま牧場の今』

はざま牧場への道「ボランティアや消毒活動、義援金寄付など、様々な面でご協力・ご尽力して下さった方には、感謝の一言に尽きます」

と口にするのは、株式会社はざま牧場の間健二朗社長。
はざま牧場は、都城近郊で約8万頭を超える牛・豚を飼育する県内最大級の農業法人です。

7月27日に非常事態宣言が全面解除となり、復興ムードが高まってきつつあるこの頃、非常事態宣言期間中のこと、そしてこれからのことについてお話しをうかがいました。

+++++++++++++++++++++++++++++++

◆これまでのことを振り返る
はざま牧場 間社長 ──非常事態宣言が全面解除となり、今はどういう状況ですか?
「今でも安心できる状況ではなく、まだ完全に終わったとは思っていません。
7月27日の非常事態宣言の解除以降も、7月中は全てにおいて消毒の徹底を続けていて、農場付近の立ち入り時はもちろんのこと、社員の通勤時や会社や販売店を訪れるお客様にも徹底した消毒をお願いしていました。
8月に入ってからは、お客様の車両消毒は停止しましたが、自社で設けたルールに沿った防疫体制は続けています。」

 ──都城市に口蹄疫が発生した最中はいかがでしたか?
「発生してすぐは、情報が全く入ってこなかった事が一番困りました。
緊急事態ということは分かっていても、不用意に動くことはできませんでしたから。」

 ──それでも都城市の対応は早かったと言われていますね。
「そうですね、24時間以内に素早い対処ができたことは良かった事だと思います。
私の会社では、4月20日に最初の口蹄疫の発生のニュースを受けて、数日後には社内対策本部を設置しました。
部門がたくさんあるため(※はざま牧場には豚・牛・野菜・肥料・食肉の5事業部があります。)事業部ごとに担当者を決めて情報の収集と共有を行いました。
都城にも感染が拡大してきた時のことを想定して、シミュレーションを行って備えました。例えば、社員の移動を制限して泊り込みで業務にあたらないといけないとか、車両の移動をどうするかなどです。いつ、どこで発生するか分からないですから・・・。
当初は市の準備も整っていない状態だったので、自社独自で消毒を行っていました。そんな時、仲間が募金を募ってくれて、消毒用の酢を寄付して頂いたりもしました。希釈した酢を使い、農場近辺を社員で分担して、毎日約6,000リットル程散布してひたすら消毒をしていましたね。
その分、都城で発生した時には迅速に対応できたと思います。情報を集めるのには苦労しましたが、何しろ緊急事態だったので、臨機応変にできることをやっていくという形でした。
自社農場の近くで感染が分かったときには、自社農場の家畜が殺処分対象となったときの事まで先周りして考えて、(埋却する)穴を掘って準備しておこうとしていた程です。」

 ──その時、どのようなお気持ちでしたか?
「その時は、もう“都城の、宮崎の畜産を守らなくてはならない”という思いが強かったです。
損得なしに考えて、何としても被害を最小限に抑えることを第一に考えました。
都城は鹿児島とも隣接しているので、そちらに広めてはいけないというプレッシャーもありましたね。」

 ──心身ともに相当に厳しい状況が続いたことと思います。
「私達生産者は不用意な移動をしてはいけないので、消毒作業などの活動にに参加することができず、ただ状況を見守りながら社内で自分たちができることに取り組んでいくという状態でした。
そんな時、暑い中で自ら汗をかいて道路に立ち、消毒作業を行ってくださった方々やボランティア等色々な形で支援してくださった方々には本当に「感謝」の一言に尽きます。」
 
 
幼稚園児からのメッセージ◆これから先
 ──今後のことについて考えていらっしゃることはありますか?
「経営的にも厳しい状況ではありますが、肉の味や質は守っていかねばならないと第一に考えます。
次に、これまでに受けてしまったダメージをどう取り戻していくかが課題です。
敷地内にある直売所は、これまでは地元や九州内からお客様が来てくださっていましたが、消毒のことや移動の自制などで売り上げは3分の1になってしまいました。しかし、それでも買いに来てくださったお客様がいたことは、本当に有り難くて、お客様を大切にしなくてはという思いが更に強まりました。7月からはポイントカードを設置してサービス還元をしていく試みをはじめました。
更には、宮崎県全体で減少してしまった人の流れを今後は(県外からも)呼び込まなくてはいけないと考えています。」

 ──具体的に何か考えていらっしゃるのですか?
「今はまだ構想中ですが、自社内にレストランを作れるといいなと思っています。おしゃれなレストランというよりは、気軽に焼肉が食べられるような雰囲気で。例えばスポーツ大会を終えた子供たちがおいしいお肉をおなかいっぱい食べられるような場所があればいいと思います。
また、幼稚園の子どもたちから激励のポスターをいただいたのですが、社内の壁に貼って、元気をもらいました。
そのお礼に、機会があれば子供たちに子豚と触れ合う機会を作ったり、食育の観点から食や命について考えるきっかけを与える事ができないかと考えています。」

 ──今回のことでは、私たち大人も含めて食について考える機会にもなりました。
「みんなが宮崎の畜産のことや食の事など色々なことを考えた時期だったと思います。
そういった観点では、私たちの会社は循環型農業を実践しているので、農場見学ツアーや体験学習もできないかと考えています。」

 ──循環型農業とはどういうものですか?
「はざま牧場では豚や牛を飼育していますが、そこから出た排泄物を処理して有機質堆肥に変えています。それを使って自社農場の野菜事業部では米や野菜を生産しています。このように廃棄物を資源として再利用して農業を行うことを循環型農業といいます。
また、地元のスーパーから出る廃油やおから、酒造工場から出る焼酎かすを回収して加工処理を施し、肥料や飼料(家畜のえさ)を作っています。廃油は肥料にまぜると甘みのある野菜が採れるんです。」

 ──ごみとなってしまうものに処理を加えて使えるものにするんですね!
「そうです。捨ててしまえば、それは私たちの税金で処理します。でも、加工して使えるものはたくさんあるのです。
家庭ごみであっても、皆が適切に分別して捨てていくようになれば、食品ごみは有機的に処理してまた価値あるものになるのです。」

 ──環境の面からもよい取り組みですね。
「食品リサイクルという面から、こうして各産業がリンクして協力することはこれからもっと大切なことになっていくと思います。さらに、その規模が大きくなればそこに雇用も生まれます。」

 ──色々な面でつながっていくのですね!
「そうです。こういった仕組みを実践していけるのは、畜産が盛んなこの地域の強みともいえます。
農業って面白いですよ!将来的には、我々は家畜のお世話になっているともいえる時代が来るかも知れませんね(笑)」
 
今回の口蹄疫発生を受けてのはざま牧場さんの迅速な対応や今後予定されてる取組み内容には目を見張るものがありますね。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 
 ──はざま牧場さんといえば「きなこ豚」がとても有名です。そのおいしさの秘密について何か教えていただけませんでしょうか?
骨付き肩ロース!「豚肉のおいしさを決めるのは、肉の柔らかさと口の中でうまさが広がる油の溶け具合にあります。
きなこ豚は、栄養価の高い大豆の植物性タンパク質とうまみのある大豆油を含んだきなこが入った餌を食べて育っています。そのため、臭さがなく甘みの高い肉となるのです。
飼育する環境も重要だと考えているので、自然体を理想として自然の空気や太陽の光、そして木材加工で出たおがくずを活用して飼育環境を作っています。」

 ──きなこ豚はしゃぶしゃぶやトンカツなどの料理でおいしいと評判ですが、社長おすすめの食べ方はありますか?
「最近直売所で販売を始めたばかりの「骨付きロース」が最高ですね!!厚い肩ロースのかたまりに骨がついたボリュームある肉です。私も家で調理して食べますが、弱火でじわっと熱を通して、塩コショウで味をつけるだけでおいしいですよ。」

 ──話を聞くだけでお腹がすいてきます。
「脂身が苦手な方でも食べていただける料理で、夏の疲れも取れますよ!」
 

+++++++++++++++++++++++++++++++

 
「南九州の自然の恵みを生かした取り組みをしていきたい」
と力強く話す間社長は、これまでの厳しい期間をばねとして、農業を更に発展させていこうとする姿が印象に残りました。

私たちもこれから復興に向けて、自ら考え一歩を踏み出していくことが大切ではないかと思いました。きなこ豚をはじめ、はざま牧場自慢のおいしい牛肉や野菜を食べて、元気に過ごしていきたいですね!

はざま牧場直売所

■はざま牧場直売所のご紹介
きなこ豚をはじめ、はざま牧場の自慢の豚肉・牛肉の直営販売所です。
はざま牧場の肥料を使って愛情たっぷりに育てた野菜やお米も販売しています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃【株式会社 はざま牧場】
公式ウェブサイト
ご注文はこちらからどうぞ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 | mitenco | 14:33:02

2010/4/30(金曜日)

自然豊かな綾で心と体をリフレッシュ

シロツメクサ4月からの新年度が始まってしばらくたちますね。
新生活をはじめられた方だけではなく、ここでちょっと一息いれたくなるような時期ではないでしょうか。
かくいう私、ミテン子もそろそろリフレッシュの機会を欲している1人なのです。
今回は、スタートダッシュを頑張りすぎた方にもおすすめしたい、綾町にある体と心に優しい宿泊施設をご紹介します。

ビオスごうだ 玄関施設は綾町役場から車で3分程の町の中心部にあります。
広い庭には、木や花、野草が咲いていて、その奥には落ち着いた佇まいの宿舎があります。玄関へ続く小道沿いには、レンゲやシロツメクサがたくさん咲いていましたよ。

「いらっしゃーい。」
玄関を開けると、オーナーの郷田美紀子さんが優しい笑顔で迎えてくれました。

薬剤師でもある、郷田さんが「食と心と医をつなぐ活動をしたい、心ゆたかに安らいでほしい・・・」
という想いをこめて作ったのがこの『綾ビオスビレッジごうだ』です。

部屋の様子■お部屋
宿泊施設の部屋は全部で4つ(3部屋はツインの洋室で1室が和室)で10名ほどが泊まれるようになっています。

どの部屋も木材がふんだんに使われていて窓からはやわらかな光が部屋を明るくしています。
部屋のドアには綾町の自然を表した小さなステンドグラスがはめ込んであったり、鏡台には小鳥のオブジェが置かれていたり、配置されている小物にも心配りを感じます。

ウッドデッキ宿舎にはテレビはありません。部屋やテラスで本を読んだり、町内を散策したりと、どのように過ごすかはそれぞれです。
私は庭の中や町内を散策して過ごしましたよ♪

離れの五右衛門風呂■五右衛門風呂
夕方、お風呂をいただきます。
宿舎の中には檜のお風呂と離れに五右衛門風呂があります。今回は、今では珍しい五右衛門風呂に入らせていただきました。(希望すればかま焚きの体験もできるそうです!)

早速、離れの扉を開けてみると、脱衣所の奥に・・・ありました!五右衛門風呂〜!!
立派な蓋が載っていてまだ中は見えません。
まずは、湯加減を。
ずっしりと重い蓋を開けてみると、熱々のお湯が沸いています。
「でも・・・、お湯が少なくないかな・・・??」一瞬そう思いましたが、良く考えてみると、熱いお湯が沸いているのでこれに水を足して湯加減を調節し、更にそこに人が浸かると湯の水位も上がるというもの。この位の湯量でちょうどいいですね。
五右衛門風呂に入る!

と、考えがまとまったところで、お楽しみのお風呂タイム!
湯加減をみながら髪や体を洗って、いざ五右衛門風呂へ!!

おっ、湯に浮いていますね、これが五右衛門風呂には必需品と言われる「スノコ」ですね。
風呂の底は下から火を焚いているため、熱い鉄でやけどをしないように、このスノコを踏み沈めながら入るんですよね〜!さぁ上手に入れるでしょうか?

風呂の両側の縁に手を掛けて、恐る恐る片足ずつスノコの上に載せて沈めていきます。
中に入ったところで側面に触れては熱いだろう!と体育座りで縮こまって入ってみます。
「ふぅ。入れた。」とほっと一息。
しかし余りに小さくなりすぎて辛くなってきたため、そっと側面を触ってみて温度を確かめてみます・・・「熱くない、大丈夫。」
そう気づいてからはゆったりと背をもたれて寛ぎの時間です。
「いい湯だ〜な♪」と鼻唄も出てきます。お湯がとてもまろやかです。釜の鉄分が湯にも溶け出しているので、それを皮膚が吸収するのだそう。ここはお風呂のお湯まで優しいんですね。

風呂・窓からの光格子窓からは庭の景色が眺められるようになっており、なんとも良い風情です。夜には電気照明を消して、キャンドルの光だけでお風呂に入るというのもゆったりと落ち着けるそうですよ。
お風呂から上がってもすぐには体が冷めていかず、普段はすぐに冷えてしまう足先も長い間冷えを感じることなくぽかぽかしていました。

食堂・土間■食事
お風呂からしばらくすると「ごはんですよー。」
郷田さんの声が聞こえてきました。

お食事は土間のスペースでいただきます。ここにはステレオやグランドピアノも置いてあって、時には演奏会もあるそうです。

テーブルには、お箸やお皿がセットされた木箱が置いてあります。
何が出てくるのだろう!?と玉手箱を開けるような気分で蓋を取ってみると・・・「わぁ♪」
野菜がたっぷりのお料理が並んでいます。感激している間に、サラダや雑穀米ごはん、スープなど次々に食卓に並びます。こんなに食べてもいいの!?という位の豊富な種類です。
野菜が美容と健康に良いのは分かっていても、普段はこんなにも野菜をいただくことがありません。今日は自然の恵みとお料理を作ってくださった郷田さんに感謝して、たっぷりといただくことにします。
野菜がたっぷりの夕食1

綾の地ビールで乾杯!
野菜もお肉も、できる限り綾町のものを利用したお料理だそうです。郷田さんが農園で育てた野菜や、庭で摘んだ野草も使われています。

まずは揚げ物、ヨモギとレンゲの天ぷらからいただきます。天つゆではなく、きび酢にお醤油を数滴さしたものにつけていただきます。さくっとしてほんのり自然の苦みがおいしい。レンゲの花を食べることができるなんて知りませんでした!
どの料理にもたくさんの野菜や野草が入っています。キャベツと豚肉の煮物や、カレー部海のポトフなど、野菜からは噛む度にそれぞれの味がしみ出てきて、幸せな気持ちになります。微妙な味を感じ取ろうと舌の味センサーが活発に働いているようです。
他にも、噛むと香ばしい香りがするお花が和え物に使われていたり、新しい発見に驚きながらのお食事になりました。

これらの料理は、漢方薬膳の“気・血・水”の考えの基に“酸・苦・甘・辛・鹹”の五味調和を重視したバランス良いものになっています。
確かに、ほんのり甘みを感じる煮物や、苦みのある野草が入った揚げ物、酢の物やおひたし、サラダなど味も調理方法もさまざまです。
野菜がたっぷりの夕食2

郷田さんによると、その土地の気候風土に見合っている食事がおすすめなのだそうです。基本的に普段の食事には、ご飯におひたしや小魚といったような、地元の食材を用いた和食が私達には合っている食事ということなのでしょうね。
毎日摂る食事。その一食一食が私たちの体と健康を作っていると考えると、食に対して無頓着ではいられないな、と食べ物について、色々な想いが巡ります。

この夜、全9品、たっぷりの食事をいただきました。
でももっと食べたい、という方には夜食セット(コーヒーと手作りピザ 850円)もあります。この日のピザはそば粉の生地に農園でとれたフルーツトマトがのっていました。

結いの心■郷田さんとの語らい・そして夜が更けてゆく
食事の途中からは郷田さんもテーブルに加わっていただき、会話もはずみます。初めて目にする野菜の名前を次々質問する私に、「普段こんなにたくさんお野菜食べることないでしょう〜」と優しく答えて下さいます。希望の方には薬膳のお話しも詳しくして下さるそうですよ。

食事についてお聞きしてみたところ、料理は郷田さんと娘さん、息子さんで作っているとのことでした。お肉や魚はお出汁がでる程度の量を使い、野菜は綾を中心にオーガニックのものを多く使っているそうです。
郷田さんの取り組む自然農では、野菜の虫食いを減らすために雑草も畑に一緒に生やしておくのだそうです。虫たちの分の食料となる雑草も残してあげて、虫の命も大切に。「雑草もかわいいよ」と顔をほころばせる郷田さんの広く温かい考え方に触れ、はっと自分を振り返りもっと大らかな心を持ちたいな、と感じました。

飾らない笑顔と優しい語り口調が素敵な郷田さんですが、これまでには薬剤師としてだけではなく、主婦、母、野菜作り、オーガニック料理店経営、食や環境に関しての活動・・・などいくつもの役割をこなしている活動的な面もお持ちの方でもあります。

一番には、『母であることが源』となってそれぞれの活動に繋がっているのだそうです。母親になってから、子どもを守るためにという強い想いでやってきた事がこれらのたくさんのこととなっているのですね。

綾の吊り橋それからもう一つは、『綾町らしく』。豊かで美しい自然を守り、受け継ぐ心。綾町役場の隣にあるほんものセンターに、綾町らしいお弁当をレストラン・オーガニックごうだから出されているのもその一つです。

食のことや農業のこと、自然を守る活動の事などお話しをうかがっていて飽きることはありません。むしろ、元気を分けていただけるような気もします。音楽の話をしていたかと思ったら、いつの間にか人生相談をしている自分に気がついたり・・・おしゃべりは尽きることなく、夜の穏やかな時間が流れていきます。

ここでは、いつもの自分をちょっと横に置いて、気楽に過ごせそうな気がしました。
郷田さんも、「この宿泊施設で過ごすことで、心と体が軽くなってくれれば・・・それが願いです」とおっしゃっていました。

朝 庭の眺め■翌朝
翌日は朝から雨模様。
雨の降る日はがっかりしてしまうことも多いですが、これも私たちだけでなく他の動植物にとっても必要な水分。それに、しっとりと雨に濡れた庭の景色を眺めるのもいいな、とゆったりとした気持ちになっている自分に気づきます。部屋の外からは鳥のさえずりが聞こえてきて、夜と同じく、ここでは朝も穏やかに時間が流れます。
身支度を整えていると・・・「キュルキュル」とお腹がなりました。昨夜食べた野菜料理はちゃんと消化されたみたいです。

程なく、「おはようございまーす。ご飯にしましょう〜。」と食堂から郷田さんの爽やかな声が聞こえてきました。

朝の光■朝食もきちんと
「おはようございま〜す」と食事処の土間におりると、いい香りが。
この日の朝は、おかゆにご汁、11種類のおかずが一口分ずつ添えられていました。

朝食も栄養のバランスがよさそうです!
優しい味のおかゆに、しょっぱい梅干しで目がパチっと覚めてゆきます。実はミテン子は納豆が苦手なのですが、納豆とわかめの天ぷらは、さくっとした食感と、納豆の味が良いダシになっていたので美味しく食べることができました。丸められたおからもかわいいので、パクっと一口で。
それから、実はメザシを10年ぶり位に食べました。噛むといい味が出てきておいしいですね。ミテン子もバランスの良い食事を心がけようと思いました。

朝食も栄養たっぷり

食後には、漢方のお茶と黒糖をいただきました。
コーヒーのような色をしていますが、あっさりとした味で香ばしい香りがします。新陳代謝をあげる効果があるそうです。

■そしてまた日常へと戻る
朝食をゆったりと食べ終わり、さぁ、そろそろおいとましなければ。
とっても居心地がよいので、現実の生活に戻るのは名残惜しい気がします。

1泊2日という短い時間ではありましたが、日常と違った空間でこんなにも寛げるものかと思いました。
ひとときのゆったりした時間を存分に味わった後は、またいつもの生活に戻ります。
「郷田さん、とても心地のよい2日間でした。お世話になりました。」

そうして戻った世界はいつもと同じものではありますが、体は元気を充電したのでとてもハツラツとしています。そして、「食べ物はできるだけ野菜を」とか、「体と環境に優しいものを」と選ぶようになった自分に気づきました。美味しい食べ物やそれを作って下さった方、恵みを与えてくれた自然にも感謝の気持ちが湧いてきます。同時に幸福感も思い出されてきます。

仕事や家庭など、私たちは社会の中で多かれ少なかれストレスを感じ、時には怒ったり、悲しんだり、心をすり減らすことがありますよね。肩の上にのしかかった重しを一度下ろして、ただ、そこに存在している自分や自然をじっと見つめ直してみると大切な事が見えてきたりするきっかけになるのではないでしょうか。

郷田さんの優しい想いがたっぷりつまった施設で、お庭の自然やお風呂、静かな空間を楽しむ。そして体に優しい薬膳料理をおいしく食べて、気がついたら何だか体が軽くなっているかも知れませんね。

宿泊施設では、通常の宿泊プランだけではなく、リフレッシュプランや断食プラン、日帰り滞在プランなど目的に応じたプランが用意されています。事前にご予約して、ご利用ください。

郷田 美紀子さん■郷田さんより
テレビを置いていなかったり設備は何もないけれど、外を眺めて過ごしたり、静かな環境を味わって下さい。
都会や日常の生活でざわざわとなっているものを、一旦じっと落ち着ける、そんな場所になればと思います。
心と体をリフレッシュしたいと思われる方におすすめです。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
ビオスごうだ綾ビオスビレッジごうだ
■住所:宮崎県東諸県郡綾町大字南俣303−4
■電話:0985-77-0045

<プラン>
●1泊 12,000〜円(2食付)
●断食[2泊3日] 30,000円(診療所の先生の検診付)
●B&B 7,000円(朝食のみ)
●2時間滞在 2,500円
 (5,6名様迄可能。昼間2時間滞在・デザート付・予約すれば檜のお風呂も沸かします。)
●リフレッシュコース(14,000円)
 ・自然農体験
 ・食養生について学ぶ
 ・山歩き
 (※上記のうち体験したいものを、どれか一つをお選びください)

※宿泊について詳しくはお電話でお尋ねください。
*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


★綾町には景色や散策を楽しめる場所がたくさん♪
宿泊施設から散策に出掛けるのもよいですよね。
この周辺にはmitenの加盟店さんが2軒あるので、立ち寄ってみました。

■□handmade zakka Clover*Clover □■
綾町をはじめ、県内外のハンドメイド作家さんの作品を扱っているお店です。
この日はお店にご夫婦でいらっしゃったので、おすすめの商品を聞いてみました!
Clover * Clover

●ポストカード 150円
クレヨンで描いたイラストがポストカードになっています。
独特の色使いがステキでとってもカワイイ♪今人気の商品です。

●ドライフラワーのリース他
お花が色々に飾られたリースやタペストリーなど大小様々です。

●ジーンズリメイクバッグ
はかなくなったジーンズの腰周りの部分をそのまま使った手縫いのバッグです。
元々ジーンズに付いていたポケットもそのまま利用できる!!
革やバッグの内側には柄がスタンプされていて、見えない部分までこだわっているところがニクイっ!世界に1点だけのものです。

 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

■□クラフトはうす&SILVER□■
毎月mitenの月間プレゼントに素敵な商品を提供して下さっています。手作り窯で焼いた手作りパンも人気です。(ほんものセンター・週末はお店で買えます)
連休中にもお出かけになってみてはいかがでしょう?
クラフトはうすSilver

●ピアス
クリスティーナさん手作りのピアスがセール中でALL1,000円!

●五月人形
飾って楽しい五月人形や、陶器の兜など端午の節句の飾りも。
店内を見ているだけでも楽しい。


★初夏の綾町
自然豊かな綾町は、お散歩やサイクリングでお出かけするにも良いですね。

綾北川■綾北川の堤防
 川沿いは山の景色を見ながらの散歩にもぴったり。

花時計■花時計(馬事公苑)
 大きな花時計!本物の馬たちも見られます。

■展望台
 綾町を一望できる穴場スポット!?
展望台からの眺め


 | mitenco | 20:57:17

Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

カレンダー
2024年 7月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
記事検索