宮崎みんなのポータルサイト miten !でグルメ・イベント等の生活情報をチェック!
2018年夏特集
ユーザー名:
パスワード:
トップ | 無料会員FAQ | サイトマップ | リンク集 |
すべて 食べる
遊ぶ 買う
キレイ 暮らす
健康 医療・福祉
でかけてmiten
買ってミテン
働いてミテン

2010/11/30(火曜日)

おはなしとおんがくの会♪

タリーズコーヒー橘通店宮崎中心街の憩いの場
「タリーズコーヒー宮崎橘通り店」
にやって来ました。

「おはなしとおんがくの会♪」という
初イベントが行われるという事で、
早速レポート開始!2010年11月23日(火)

店内風景『おはなしとおんがくの会♪』とは、音楽に合わせて絵本を朗読する親子向けのイベント。何だかとっても楽しそう。

タリーズコーヒーの一番奥に大きな
お洒落な空間がある事はご存知でしょうか??

普段は、ショッピングの買い物、
ちょっとした打合せ、コーヒー
ブレイクなどで賑わってます。


イベント風景当日のイベントの様子です。
小さい子供が沢山。可愛い((´∀`))

写真から少しわかりづらいですが、
絨毯がひいてあり、素足でくつろげる
ようになっています。

子供達が座るスペースを囲むように
机が配置してあり、とっても
アットホームな雰囲気です。


絵本今回、朗読されたのは、3つの絵本。
(1)イーラちゃんといじわるツリー
(2)スイミー
(3)おまえうまそうだな

語り手は、フリーアナウンサー 横山美和さん。
ピアノ伴奏は、日高 奈津季さんです。

参加費は、親子1組につき500円ですが、
大人1人に対して子どもの参加は兄弟姉妹何人でもOKで、
大人にはラテ又は本日のコーヒーがつきます。


絵本を聴く子供達
いよいよ、絵本の読み聞かせが始まりました。
子供達は、真剣に聴いています。

はじめは、「イーラちゃんといじわるツリー」
クリスマスシーズンのお話です。両親が外出中にツリーを飾りつけしてビックリさせようと思いついた、イーラちゃん。早速、飾りつけを開始するもツリーが意地悪して、上手に飾りつけができません。

アイスクリームしかし、ある事に気付いたイーラちゃん。どんなクリスマスツリーになったんでしょうか。…と結末は絵本に続くのですが、とても心温まるお話です。

朗読が終わると、アイスが登場!
アイスに飛びつく子供達。
食べている時だけは、
会場が静かになった様な気がしました。

お絵かき続いて2冊めは、「スイミー」
スイミーは小さく黒いお魚です。兄弟は赤いお魚で、ある日、大きな魚に食べられてしまいました。泳ぎの得意だったスイミーだけは、逃げのび、そこからスイミーの冒険が始まります。後日、スイミーは、兄弟に似た赤いお魚達を見つけました。しかし、大きな魚に怯えて隠れていました。スイミーのある閃きで…と、勇気がでるお話です。

ぺたぺた語りと伴奏、さらに、音響が重なり、
まるで自分が本当に深海にいるような感じに。

そして、お話の中に出てくる
あるモノをみんなで作りました。
これが何なのかは絵本を見れば分かるかも!

これは、タリーズコーヒーに
展示してありますので是非ご覧ください。
横山さん、日高さんのお魚もありますよ。

おまえうまそうだな最後3本目は、「おまえうまそうだな」

今年映画化され、原作の魅力は勿論、
子供店長こと加藤清史朗くんが
声の出演をしていることでも話題となりました。

(映画は12/11〜1/7宮崎キネマ館で上映)
内容は、愛と感動のストーリー。大人でも少し涙しそうになります。読む人の立場で感情移入する登場人物が異なり、子供と一緒に楽しめる作品です。

上映予告==========================
映画「おまえうまそうだな」は、12月11日から『宮崎キネマ館』で公開。
詳しくは、miten映画情報宮崎キネマ館ホームページでチェック!

==========================

読み聞かせ会場終盤
ピアノの効果音がいい感じです。
かいじゅうが出てくるところでは
子ども達が「きゃー!」

お母さんもお父さんも、
最後にはお子さんより真剣に!?
お話を聞いて、イベントは無事終了。

参加した方にお話を聞いてみました。
恥ずかしがり屋の男の子、がく君4歳と
お母さんの感想はどうだったのでしょうか?

お母さんによると、
「おまえうまそうだな」の時に一番身を乗り出して聴いていたそうです。
きっとこのお話を気に入ったのかな?

「下の子がいるので、家ではなかなかゆっくり絵本を読んであげられないので今回のようなイベントはよかった。」と答えて頂き、私も激しく共感しました。

語り手、伴奏者

続いて、フリーアナウンサー
横山さんにお話を伺いました。

「いろんな方にアイディアを貰って、
協力を頂き形にすることができました。」

「子どもも連れて街に人が集まる
このようなイベントが、またできたらと思います。」

※写真左:語り手 横山さん。写真右:伴奏 日高さん。

====================================

最後に、タリーズコーヒーの船ヶ山さんにお話を伺いました。

「始めは、1回(20組)の予定だったのですが、1週間で予約はうまり、
急遽、午前午後の2回(40組)に予定を変更しました。
それでも、キャンセル待ちが出るほどの反響がありました。

初めての取り組みでしたが、私自身も楽しむことができました。
そして何より、子ども達がとってもかわいかったです。

具体的にいつという予定はないですが、市街地のコミュニティスペースとして、
このようなイベントを通じて今後も街を盛り上げていけたらと思います。」

今回ご協力いただいたのは・・・
タリーズコーヒー概観┏○o。.。─────────────────────┓
 ●タリーズコーヒー宮崎橘通り店 (九州1号店)
 住所:橘通り西3-10-36  TEL: 0985-61-8255
 平日(月〜木) 8:00 〜 23:00
 金・土・祝前日 8:00 〜 25:00
 日曜日      9:00 〜 21:00
┗───────────────────────。.。o○┛
※各リンク先は携帯電話からは閲覧できない場合があります


 | miten_staff | 13:17:20

2010/11/11(木曜日)

スポーツアロマで快適スポーツライフ

スポーツアロマイメージスポーツの秋。ゴルフ・野球・テニス・マラソン・ウォーキング・自転車・・・、子供も大人もスポーツを楽しんでいる姿をあちこちで目にします。
今回はそんな方達にご覧頂きたい「スポーツアロマ」をご紹介します。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

宮崎市でリフレッシュ&スポーツアロマトリートメントのサロン「BodyUp(ボディアップ)」を経営している坂元真樹さんにお話しをうかがいました。

──スポーツアロマというのは分かりやすく言うとどのようなものですか?
当店のスポーツアロマ・コンディショニングは、独自のアロマトリートメントをします。これによりアロマオイルの効能を利用して運動能力を高めたり、人間本来の自然治癒力を高めてケガや病気になりにくい体を作ることを目的としています。また、香りの作用で疲れた心をリラックスさせたり、試合前にはやる気を高めるように導くこともできます。体と精神面の両方から働きかけ、パフォーマンスの向上につなげます。

──アロマセラピーの発祥はヨーロッパとお聞きしますが、スポーツアロマもそこにあるのですか?
アロマセラピーは各国で扱いが異なっていて、フランスのように医療として取り扱うところもあれば、イギリスのように癒やしやトリートメントでデイリーケアとして暮らしに取り入れているところもあります。日本ではリラクゼーションの為に使われていることが多いです。
ヨーロッパの方では薬や代替医療として古くから使われてきた歴史がありますので、スポーツ選手も当たり前のようにアロマセラピーを取り入れています。

アロマオイル──普通のアロマトリートメントとはどういった点が違いますか?
まずアロマセラピーの効果としては、香りが鼻から吸い込まれて体に吸収されると、血液と共に体内を巡ります。そして脳の働きにも作用し、リラックスや精神安定といった良い影響が期待できます。また、アロマオイルを使ってトリートメントをすると、皮膚からも成分が吸収されて効果が高まります。この点をスポーツにおいて効果的に活用するのがスポーツアロマコンディショニングです。
スポーツアロマのトリートメントに使うオイルは、体調やスポーツの日程などを考慮してブレンドしますが、リカバリーの効果を上げる為にオイルの濃度を通常よりやや高めにします。そして強めの刺激でぐいぐいほぐしていきます。老廃物を早く排出させて疲れを取るために強めの刺激を与えています。私の肘を使ってトリートメントをすることもありますよ。初めての方にはリフレッシュアロマトリートメントを行い、スポーツアロマへとシフトしていきます。慣れてくると、刺激が強くてもその後に楽になることがわかっているので少々痛くても我慢される方が多いです。

──スポーツアロマを受ける方はどんな方が多いですか?
ゴルフやマラソンなど様々なスポーツをしている方がいらっしゃいます。色々なスポーツのプロ選手には、スポーツアロマを活用している方が多くいるんですよ。

サロンは明るく気持ち良い空間──具体的にはどのようにスポーツアロマを活用すればよいのですか?
一番良いのは継続的にスポーツアロマトリートメントを受けて頂くことですが、試合(運動)の前後にケアをするだけでも随分と違います。
まずは、目的とする試合の2・3日前にトリートメントを受けて頂きます。それまでの疲れを取り除いて体を一旦リラックスさせ、更に当日に向けてメンタル面で前向きになるよう働き掛け、心身ともに最良の状態に持って行きます。2・3日前に施術するのは、老廃物を尿などで排出するためにそのくらいの期間が必要だからです。
そして運動後は、筋肉痛や関節痛などの体の疲れをとり、早く回復するためのアフターケアをします。もちろん香りの効用で心を落ち着けていく効果もあります。

──実際に施術を受けた方からはどんな声を聞きますか?
普段からリフレッシュアロマトリートメントを受けているお客様で、マラソンをしている方がいらっしゃいます。ここ何年間か、青島太平洋マラソンの前後にスポーツアロマを取り入れたところ調子が良かったようでとても喜ばれています。記録も確実に上がっています。他にもゴルフをする方、ウォーキングをする方、山登りをする方などから、アロマトリートメントをすると「調子が良い」とか「疲れにくくなった」とうかがっています。
スポーツアロマは、趣味でスポーツをする方にも、部活動などで熱心にスポーツをする方にもおすすめします。学生さんで、部活動でスポーツを一生懸命している方がたくさんいます。ケガで体を痛めて好きなスポーツができなくなってしまうのは残念ですよね。故障しにくく、回復の早い体づくりができるのでアロマケアはおすすめです。

──坂元さんがスポーツアロマに興味を持ったきっかけは何だったのですか?
スポーツアロマイメージ2私は以前からマッサージを受けるのが好きで、あるときスパで受けたアロマトリートメントがとても気持ちよかったことからアロマトリートメントに興味を持ち、自分でサロンを開くまでになりました。スポーツアロマを取り入れたのは、4年ほど前からになります。
自分自身が運動が好きで、これまでにソフトボールやサッカーの審判など色々とやってきました。自分がスポーツをしているときから、ケアの重要性は感じていました。これまでのリラクゼーションの為のアロマトリートメントでは物足りなさも感じていたということもありました。周囲にスポーツをしている人が多いので、そういう意味でも興味を持ったのだと思います。

──確か息子さんもスポーツされているんですよね?ケアをしてあげているのですか?
小学生の息子は他の人にトリートメントをしてもらうのが苦手みたいなので、私が横で教えながら、自分で足などをケアしています。やはり気持ちがいいみたいですよ。運動会前にも自分でやっていました。

──これからどのようにスポーツアロマを行って行きたいですか?
宮崎は気候が良いこともあり、スポーツをしている人がたくさんいます。好きなスポーツを“長く、楽しく、続けられるように”、ぜひスポーツアロマを取り入れていって欲しいと思います。また、成果を上げたいという方にもケアの1つとして考えてもらえると嬉しいです。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

BodyUpの坂元さん坂元さんのサロンでは、スポーツケア以外のアロマトリートメントも行っています。体の不調とともに、心の不調を抱えて来られる方も多くいらっしゃるそうです。
「体と心は一体です。サロンに来たら ここに体の疲れも、ストレスも、全部置いていってください!」と元気な笑顔の坂元さん。頼りになります!体の不調や心の不調に、そしてスポーツにも、色々な面でアロマセラピーを役立てていっていただきたいと思います。
通常は女性専用のサロンですが、スポーツアロマに関しては、男性もOKとのことです。部活を頑張っている学生さんにはうれしい低料金の学生さんコース(高校生以下)もあります。

大切な自分の体です。体への負担を減らしつつ、好きな運動も楽しんでいきたいですよね。
あなたも日ごろの運動のケアとして、また、記録挑戦に役立つサポーターとしてスポーツアロマを取り入れてみてはいかがですか?

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
リフレッシュ&スポーツアロマトリートメント Body Up
┃宮崎県宮崎市北高松町2−4
┃080-3942-9867
くわしい情報はコチラをご覧下さい                     
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■

※アロマセラピーのトリートメントやオイルの使い方には専門の知識が必要です。安易に真似をすると間違った使い方で問題が起こることもありますので、必ず専門の方の施術を受けるか、興味のある方は専門機関でのセミナーなどで学ぶことをおすすめします。


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

カレンダー
2010年 11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
記事検索