宮崎みんなのポータルサイト miten !でグルメ・イベント等の生活情報をチェック!
チラシ特集2017 4月
ユーザー名:
パスワード:
トップ | 無料会員FAQ | サイトマップ | リンク集 |
すべて 食べる
遊ぶ 買う
キレイ 暮らす
健康 医療・福祉
でかけてmiten
買ってミテン
働いてミテン
ミテンの本棚  >  みやざき風土記

みやざき風土記
県総合博物館・県文化課・県立図書館で民俗や文化財、郷土史料等専門的業務に長年従事した専門家が、風土や風俗、伝統芸能、地域史など宮崎の文化を分かりやすく紹介します。
 
No.196 日向山村の狩猟習俗1
前 田 博 仁 ( 宮崎民俗学会会長 )
米良山
 宮崎県西部は九州脊梁山地が南北に走り、急峻な山々と深い渓谷を形成する。東部は太平洋に面し県北部と南部の一部を除いて単調な砂浜海岸が凡そ100劼曚病海、その海岸に向かって脊梁山地から、五ヶ瀬川・耳川・小丸川・一ツ瀬川・大淀川と五つの河川が流れる。
 県央を流れる一ツ瀬川上流域は、米良氏(菊池氏)が治め米良山と言ったが、明治22年(1889)の町村合併で西米良村と東米良村となった。さらに昭和37年(1962)には東米良村が西都市に合併(中之又は木城町に合併)して西都市銀鏡と尾八重になったが、かつて領主が同じであったことや地形気候などの自然環境や生活環境、生活も同一ということから、現在も西米良村と西都市となった旧東米良は生活文化を共有している。
 西米良村は平坦地が少なく山地・原野が96%、銀鏡も尾八重も同様で主たる食糧は焼畑耕作による稗粟などの雑穀であった。秋季、山の斜面の立ち木を伐採し、春先に火を入れそこに稗や粟の種を播いて秋に収穫、また、初夏に切り開いて盛夏に火を入れ蕎麦や里芋など栽培する、そういう焼畑耕作を昭和30年代まで行ってきた。しかし、焼畑の周囲山林からは虫や鳥、小動物、鹿や猪などが出没して被害を与える。中でも猪は収穫直前に集団で現れ一晩で作物を全滅させたという。その対策として柵をする、臭いを発する物を燃やす、小屋を建てナルコなどで音を立てるなどの防衛手段をとるが、最も有効な手段は狩猟であった。

東米良の狩猟用具
 昭和29年(1954)東米良村で民俗資料調査が行われ、このとき尾八重湯之久保の中武傳家、銀鏡上原の浜砂正衛家などに残る狩猟用具が確認された。
 昭和32年3月、文化庁は「宮崎県の狩猟習俗」を記録する文化財に選択し、同年宮崎県教育委員会に記録作成を委託した。県教育委員会は当時宮崎県文化財専門委員であった日高正晴氏に依頼、対象地は民俗資料調査が行われていた東米良村に決め、村内全域に亘って調査は行われたが、東米良村でも東地区の尾八重と西地区の銀鏡では習俗が異なることもあり、尾八重の打越と銀鏡を重点調査地に選定した。
 主たる調査対象は尾八重が打越地区中武兵畩と中武儀市両氏、西地区銀鏡は浜砂正衛と黒木忠平の両氏であった。
 日高正晴氏は狩猟習俗を狩猟の方法、狩猟をめぐる禁忌・予兆、仕止めと分配、カリコトバ(狩詞)、信仰と行事の5分野で聞き取り、コウザキ祭り・カクラ祭り、銀鏡神社大祭時に奉納される猪の頭、同社大祭4日目に演じられる徹宵神楽32番演目シシトギリ、大祭5日目のシシバ祭りなどの狩猟習俗・狩猟神事と幅広く調査し「東米良の狩猟習俗」として記録作成した(※1)。
 このとき、昭和29年の民俗資料調査で明確になった狩猟用具が改めて確認された。
 ズザンボウ(折りたたみ笠)、巻袖(ジバン)、テヌキ(鹿皮製手甲)、タチアゲ(鹿皮製膝あて、いわゆる行縢)、尻皮(ムジナの毛皮製)、火縄銃、火縄、焔硝入れ、火打ち金と石、モダマカケ(火わら入れ)、山カラシ(山刀)、鹿笛、タカウソ(鷹笛)、鹿の玉(お守り)、海オコゼ(お守り)、メンパ(弁当箱)、平椀、テゴ(背負い籠)、タナテゴ、カッテゴ(籠類)など一式29点で、昭和32年(1957)6月3日、国は「東米良の狩猟用具」を重要有形民俗文化財に指定した。
 これはかつて東米良の山々で猟師たちが使用していたもので銃や装束、山の神が好むと信じられている海オコゼもあった。

脚注
※1文化庁文化財保護部編『民俗資料選集・狩猟習俗供拗馘效詫協会
2019-11-12 更新
2019 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12
2018 | 02 | 03 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2017 | 02 | 03 | 04 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2013 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2007 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
著者プロフィール
前田 博仁(まえだ ひろひと)
昭和40年宮崎大卒。県内小学校、県総合博物館、県文化課、県立図書館を歴任、平成15年宮崎市立生目台西小学校校長定年退職。現在、宮崎民俗学会会長、宮崎県立博物館協議会会長、
(県)みやざきの神楽魅力発信委員会副委員長、(県)伝統工芸品専門委員、
(県)神楽保存・継承実行委員、「米良山の神楽」記録作成調査委員

【著書】
『近世日向の仏師たち』(鉱脈社)
『薩摩かくれ念仏と日向』(鉱脈社)
『近世日向の修験道』 (鉱脈社)、他

【共著】
『宮崎県史 民俗編』
『日之影町史』
『北浦町史』
『日向市史』
『みやざきの神楽ガイド』
(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 » 
PopnupBlog 3.0 Denali-1225 created by Bluemoon inc.  
e87.com(株式会社千趣会イイハナ)
富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART