宮崎みんなのポータルサイト miten !でグルメ・イベント等の生活情報をチェック!
チラシ特集2017 4月
ユーザー名:
パスワード:
トップ | 無料会員FAQ | サイトマップ | リンク集 |
すべて 食べる
遊ぶ 買う
キレイ 暮らす
健康 医療・福祉
でかけてmiten
買ってミテン
働いてミテン
ミテンの本棚  >  みやざき風土記

みやざき風土記
県総合博物館・県文化課・県立図書館で民俗や文化財、郷土史料等専門的業務に長年従事した専門家が、風土や風俗、伝統芸能、地域史など宮崎の文化を分かりやすく紹介します。
 
No.187 田ノ上八幡神社の大型人形弥五郎
前 田 博 仁 ( 宮崎民俗学会会長 )
 日南市板敷に田ノ上八幡神社が鎮座、祭神は彦火火出見命他。当神社に人々が「弥五郎さま」と呼ぶ大型人形が存在する。
 田ノ上八幡神社は元もと板敷神社といい由来を次のように伝える。

「往昔、大隅国(鹿児島県)桑原郡に稲積弥五郎という者がいた。その地の一宮正八幡の神体を負い来て楠原(日南市)に祀り、社殿は天永元年(1110)創建した。永禄11年(1568)以前、薩摩島津氏が飫肥を領していた時、名社として奉奠し丁重に祀ったが、天正15年(1587)伊東氏が飫肥を領有すると、楠原にあった八幡宮を現在の板敷に遷座した。伊東氏が治める飫肥藩は領内尊社四座の一つとして社禄五十四石八斗を給されたが、明治4年廃藩で社禄は無くなった。10月25日の例祭は流鏑馬が二頭登場し祭りを盛り上げ、大人弥五郎人形が町内を練り歩いた」
「長人弥五郎とて長さ一丈有半の偶人に衣袴を着せ、長刀を佩び右手に長槍を杖つかしめ、之を四輪車に載せ群童に挽しめて巡す、極て古俗なり、然ども明治六年以来は祭日も一定せず、弥五郎は稲積弥五郎の縁故なりと言い伝う」

 弥五郎は竹を編んだ人形で、高さ1丈半(4.5m)の巨人、衣装を着け腰に刀を佩び、右手に長槍を持つ。四輪車に乗せ子ども達がそれを引いた。

 弥五郎人形は日南市八幡神社の他に、都城市山之口的野神社と鹿児島県岩川八幡神社にもあり、どちらも11月3日に浜下りする。山之口は江戸時代は薩摩藩で、田ノ上八幡神社の弥五郎人形も薩摩島津氏が飫肥を領有していた時代、大隅から来たと伝えることから、3つの大人弥五郎は薩摩の庶民文化と言える。

 天正15年(1587)豊臣秀吉の島津制圧に功があった伊東祐兵に飫肥が与えられて飫肥藩が成立するが、薩摩文化である弥五郎人形を伊東氏も大事にしたということである。


参考資料:平部嶠南『日向地誌』 県古公文書「神社(神宮ヲ含ム)及寺院」特殊神事
 『宮崎県神社誌』宮崎県神社庁

2019-02-12 更新
2019 | 02 | 03
2018 | 02 | 03 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2017 | 02 | 03 | 04 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2013 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2007 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
著者プロフィール
前田 博仁(まえだ ひろひと)
昭和40年宮崎大卒。県内小学校、県総合博物館、県文化課、県立図書館を歴任、平成15年宮崎市立生目台西小学校校長定年退職。現在、宮崎民俗学会会長、宮崎県立博物館協議会会長、
(県)みやざきの神楽魅力発信委員会副委員長、(県)伝統工芸品専門委員、
(県)神楽保存・継承実行委員、「米良山の神楽」記録作成調査委員

【著書】
『近世日向の仏師たち』(鉱脈社)
『薩摩かくれ念仏と日向』(鉱脈社)
『近世日向の修験道』 (鉱脈社)、他

【共著】
『宮崎県史 民俗編』
『日之影町史』
『北浦町史』
『日向市史』
『みやざきの神楽ガイド』
(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 » 
PopnupBlog 3.0 Denali-1225 created by Bluemoon inc.  
e87.com(株式会社千趣会イイハナ)
富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART