宮崎みんなのポータルサイト miten !でグルメ・イベント等の生活情報をチェック!
働いてミテン
ユーザー名:
パスワード:
トップ | 無料会員FAQ | サイトマップ | リンク集 |
すべて 食べる
遊ぶ 買う
キレイ 暮らす
健康 医療・福祉
でかけてmiten
買ってミテン
働いてミテン
ミテンの本棚  >  体で感じる・心が育つ

体で感じる・心が育つ
こどもに関するコラム集!専門家がコラム・情報を掲載しています。
 
No.131 鳶は鷹を生まない
原 田 京 子 ( 児童文学作家 )
あけましておめでとうございます。今年もこのコラムをよろしくお願いいたします。
 さて、新しい年を迎えるにあたり、私が昨年読んだ子育て本の中で、これはと思った内容を集約して得たことをお伝えしたいと思います。
 それは、「鳶は鷹を生まない」ということです。
もともとの「鳶が鷹を生む」というこの言葉の意味は、「平凡な親から優れた子が生まれるたとえ」(講談社日本語大辞典)とあります。
 この意味の説明には、誤りが2つあるように思います。ひとつは「鳶は鷹を生むことは現実にはありえない」ということ。もうひとつは、「鷹のほうが鳶より優れているとは限らない」ということです。

 現代において、優れている子どもというと、「成績がよい」子どもということになるでしょうか。学校の勉強やスポーツにおいて人より秀でていると、優れている子どもというのかもしれません。ことに、現代においては、ほとんどの親が子どもを高校や大学へと進学させますから、優秀な子どもというと、おしなべて、一流大学へと進学できる子どもを優秀な子どもであるとみなすのがほとんどでしょう。
 ところが、最近の動向を見ていると、一流大学、いわゆる東大や京大などを卒業することが、すなわち将来の幸せや成功を保証してくれるとは限らないようです。ですから、必死で受験勉強をして一流の大学に入ったからといって、将来を約束されるとはいえないのです。それどころか、大切な時間を受験勉強に奪われ、そのときどきに学ぶべき事柄を学ぶことなく一流といわれる大学に入っても、卒業後に使い物にならないというのです。つまり、大学受験合格を目標にしていては、大学に入ったとたんにその目標が達成され、次には何をしたらいいのかわからない、という学生がたくさんいるのです。
 一流大学に入り、その大学を卒業して、さらに社会に出て第一線で大活躍できるのはほんの1割程度、あとの9割は、一流大学を出たけれど、となってしまう、ということです。また、一流大学を卒業し、社会人となった人々のうち、本当の意味で活躍している人々は、大学受験において必死になって勉強していたわけではなく、もともと、それなりの頭脳を持っていて、受験勉強以外にも打ち込むことを持っていたということです。

 子どもが生まれると、自分が実現できなかった夢を子どもに託しがちです。母親自身は勉強が嫌いなのに、子どもに勉強することを強いる母親がいたり、父親は運動神経が発達していないのに、子どもにはスポーツ万能であることを望んだりすることはありうることです。
 しかし、悲しいかな、「鳶は鷹を生まない」「蛙の子は蛙」なのです。冷静になって、現実を見つめてみると、そのことがよくわかります。たとえば、大リーグで活躍している大谷翔平選手。父親も母親も、それぞれスポーツの分野において活躍しています。卓球の張本智和選手も両親ともに卓球の選手です。つまり、小説家の子どもはいつか小説を書くようになり、歌舞伎役者の子どもは歌舞伎役者になる。子どもの才能は親から受け継いでいる場合が多く、そうなるべき環境も整っています。
将棋の藤井聡太さんやピアニストの辻井伸行さんなどは、親がその分野において活躍しているわけではありませんが、これらの人々の親たちは、子どもにそれをやることを強いてなどいません。子どもが何が大好きなのかに気づき、その好きなことに打ち込む手助けをし、子どもたちがそれにのめりこんでいくうちにいつのまにか親を超えるくらいにその才能を開花させていたのです。
 結論から言うと、勉強が嫌いな子どもに勉強させても、はっきりいって意味がないし、子どもが運動音痴なのにスポーツ選手にしようと思っても意味がないのです。もし、意味があるとすれば、親が「どう見てもこの子にはちょっと無理かな」そう思えても、子どもがそのスポーツが好きで、どうしてもそれをやりたいのだ、という場合です。つまり、子どもの強い思いと意思においてそれを選択した場合なのです。
それでは、何のとりえもない自分の子どもはいったいどうしたらいいのだ、そんな声が聞こえてきそうですが、悩む必要はまったくありません。そもそも、「何のとりえもない」などと自分の子どもを思うことこそ大きな間違いなのです。

 子どもは必ずなにかひとつ、ひとにはない才能を持って生まれてきます。親の役目はその才能を見つけてあげることに尽きるのです。ですから、親の役目は重要です。ことに子どもにとって一番大切なのは、おなかの中にいるときから3歳まで。この時期に、将来、どんな大人になり、どんな人生を歩んでいくか決まるといっても過言ではないのです。さらにいえば、この時期に親がどんなふうに子どもに接すれば、子どもは将来幸せな人生を送れるかが決まるといえるのです。
おなかの中にいるときから生まれて3年まで、たったこれだけの期間、子どもにどう接するかで、子どもの将来が決まるなら、せめて、この期間だけでも、一生懸命子育てをすれば、あとは見守るだけで子どもはすくすくと育ってくれるということです。
 たった3年。されど3年。それは過保護に育てるということでは決してありません。 子どもをしっかりと見つめ、子どもがどんなことに関心を向けるか、そんな、子どもの中にある、その子だけがもつ才能、これから芽吹く日を待っている才能の、ほんのわずかのきらめきを見逃さない、それがとても大切な親の役割なのです。そして、子どもが関心を持ち、目を輝かせたことをずっと続けていくために、親はどんな手助けをしていけばよいのかを考えることが重要なのです。

 このコラムも、いよいよ「息子の誕生編」に入っていきます。子どもの成長における過程で何が大切なのかを、順を追ってお話していきたいと思います。お楽しみに。
2018-12-28 更新
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2008 | 02 | 03 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12
2007 | 12
著者プロフィール
原田 京子(はらだ きょうこ)
1956年宮崎県生まれ
大学院修士課程修了(教育心理学専攻)

【著書】
児童文学
『麦原博士の犬語辞典』(岩崎書店)
『麦原博士とボスザル・ソロモン』(岩崎書店)
『アイコはとびたつ』(共著・国土社)
『聖徳太子末裔伝』(文芸社ビジュアルアート)
エッセー
『晴れた日には』(共著・日本文学館)
小説
『プラトニック・ラブレター』(ペンネーム彩木瑠璃・文芸社)
『ちゃんとここにいるよ』(ペンネーム彩木瑠璃・文芸社)
『タイム・イン・ロック』(2014 みやざきの文学「第17回みやざき文学賞」作品集)
『究極の片思い』(2015 みやざきの文学「第18回みやざき文学賞」作品集)
『ソラリアン・ブルー絵の具工房』(2016 みやざきの文学「第19回みやざき文学賞」作品集)
『おひさまがくれた色』(2017みやざきの文学「第20回みやざき文学賞」作品集)

***********************
※ブログのアドレス(※モバイルでは正しく表示されない場合がございます。 )
「彩木瑠璃の癒しの庭」 http://ameblo.jp/akylulu/
「彩木瑠璃の心の筋トレ」 http://blog.livedoor.jp/saikiruri/ 
「巴里アパルトマン生活を夢見て」 http://blog.goo.ne.jp/saikiruri
(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 » 
PopnupBlog 3.0 Denali-1225 created by Bluemoon inc.  
e87.com(株式会社千趣会イイハナ)
富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART