宮崎みんなのポータルサイト miten !でグルメ・イベント等の生活情報をチェック!
チラシ特集2017 4月
ユーザー名:
パスワード:
トップ | 無料会員FAQ | サイトマップ | リンク集 |
すべて 食べる
遊ぶ 買う
キレイ 暮らす
健康 医療・福祉
でかけてmiten
買ってミテン
働いてミテン
ミテンの本棚  >  宮崎、歴史こぼれ話

宮崎、歴史こぼれ話
科学技術の発展を別にすれば、武士や庶民の生き方考え方などは現代と同じ。民俗的視点から学校の歴史学習では習わない当時の人々の生活を紹介します。
 
No.103 都城の茶祖 池田貞記
前 田 博 仁 ( 宮崎民俗学会副会長 )
 温暖な気候と適度な降雨、肥沃な大地に恵まれた宮崎県は、江戸時代から茶生産が盛んである。平成29年の荒茶生産量は3,770tで全国4番目、その70%は県外に出荷している。また、平成26年には全国茶品評会で農林水産大臣賞を受賞し、品質日本一の茶生産地として全国に知られた。

 宮崎の茶生産を歴史的にみると、寛永13年(1667)には都城庄内で茶を生産し、貞享4年(1687)には延岡藩が製茶を税源とすることにし、平地が少ない領内西臼杵地方の農民に茶生産を奨励して物納させた。元禄14年(1701)高鍋藩は水田に向かない土地に茶や漆、櫨を農民に植栽させそれらを貢租とした。

 県内有数の茶生産地である都城市には池田貞記(いけだていき)という茶生産に努力した人物がいた。貞記は享保19年(1734)代々都城領主島津氏に仕える医師の家に生まれ、日頃から都城の茶業育成について志をもっていた。山城国宇治(京都府南部)の気候風土が都城に似ていることから、領主の許可を得て自らその地に赴き、栽培や製造の技術を学んだ。帰邑した貞記は茶の改良と普及に努め、甘露・紅梅・梅枝(うめがえ)・小鷹(こだか)・千種(ちぐさ)などの銘茶を製するようになった。

 宝暦7年(1757)11月には宗藩(薩摩藩)を通じて丹精の茶を桃園天皇に献上、賞詞と菊花紋章入りの茶碗(都城市歴史資料館展示)を下賜され、さらに茶樹の増殖や製茶法を同業者に伝授した。また、薩摩藩主にも献上しそれに対し藩主から誉めの言葉と芭蕉布1疋、白銀1枚を下されている。

 貞記は茶業と共に医業にも努め、薬代など考慮しない治療に専念したことから領主はこれを高く評価したといわれる。
 晩年は上長飯小鷹に閑居し悠々自適に過ごすが享和2年(1717)4月病没、享年69歳。都城量海院に葬られた。
 持永直右衛門、野口富右衛門、永井実利は貞記から製法を習い、児玉某は貞記の子貞幹から指導を受け都城茶はますます盛んになり時代は明治となった。
 明治29年(1896)福岡で九州連合共進会が開催され、農商務大臣は貞記の遺績を追賞し金15円を下賜している。
 貞記は玄中を称し子孫も代々玄中を名乗り、茶業を継いで同業者の指導に努めた。5代貞信は居を梅北に移し、医を開業しながら家伝の茶業に励んだ。

参考資料:香川小次郎『都城前賢傳』、『石が語るふるさと』宮崎県教職員互助会
※茶生産日本1位は静岡県、3万8,000tを生産、39%を占める。2位は鹿児島県で2万6,600t(34%)、宮崎県は3,770t(5%)4位である。
2018-06-26 更新
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09
2017 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
著者プロフィール
前田 博仁(まえだ ひろひと)
昭和40年宮崎大卒。県内小学校、県総合博物館、県文化課、県立図書館を歴任、平成15年宮崎市立生目台西小学校校長定年退職。現在、宮崎民俗学会副会長、宮崎県立博物館協議会会長、
(県)みやざきの神楽魅力発信委員会副委員長、(県)伝統工芸品専門委員、
(県)神楽保存・継承実行委員、「米良山の神楽」記録作成調査委員

【著書】
『近世日向の仏師たち』(鉱脈社)
『薩摩かくれ念仏と日向』(鉱脈社)
『近世日向の修験道』 (鉱脈社)、他

【共著】
『宮崎県史 民俗編』
『日之影町史』
『北浦町史』
『日向市史』
『みやざきの神楽ガイド』
(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 » 
PopnupBlog 3.0 Denali-1225 created by Bluemoon inc.  
e87.com(株式会社千趣会イイハナ)
富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART