宮崎みんなのポータルサイト miten !でグルメ・イベント等の生活情報をチェック!
働いてミテン
ユーザー名:
パスワード:
トップ | 無料会員FAQ | サイトマップ | リンク集 |
すべて 食べる
遊ぶ 買う
キレイ 暮らす
健康 医療・福祉
でかけてmiten
買ってミテン
働いてミテン
ミテンの本棚  >  体で感じる・心が育つ

体で感じる・心が育つ
こどもに関するコラム集!専門家がコラム・情報を掲載しています。
 
No.119 20年以上前に書いた息子への手紙
原 田 京 子 ( 児童文学作家 )
 あけましておめでとうございます。今年もこのコラムをよろしくお願いいたします。

 年末のお掃除の際、大切なものをしまっている書類棚を整理していて、ある「手紙」を見つけました。それは、今から20年以上前、小学校2年生のときの息子にあてた手紙でした。子ども宛の手紙ですから、文章も子ども向けに書いてあります。ちょっと長いですが、加筆訂正無しの原文のまま、皆さんに披露しますね。



裕人君へ

 お父さんとお母さんの世界で一番大切な宝物の裕人君。裕人君が生まれるまでのことと、生まれてからのことをお手紙に書きます。
 お母さんがお父さんと結婚したとき、お母さんは小学校の先生をしていました。お母さんは子どもが大好きなので、毎日毎日、学校で楽しく過ごしていました。だけど、一生懸命頑張りすぎて、それに、お母さんはもともと体が弱かったので、病気になってしまいました。病院のお医者さまから「これ以上無理をすると、赤ちゃんを産めなくなりますよ」といわれて、お父さんがそれは心配して、「すぐ先生をやめなさい」といいました。
 それから、お母さんは毎日毎日、クラスの子どもたちのことばかり考えて、学校をやめるのが悲しくて泣いてばかりいました。お母さんが学校をやめることを知らない子どもたちは、「先生、このごろ泣き虫になったね」といって心配してくれました。
 学校をやめる日が来て、お母さんは子どもたちとお別れをしました。お母さんの顔は涙と鼻水でぐちゃぐちゃになりました。子どもたちも、お別れの作文を読みながら泣いていました。
 どうしてこんな話を始めにしたかというと、お母さんは子どもが大好きだということを裕人君に知ってほしかったからです。子どもが大好きなのに、子どもたちと別れなければならなくなって、それに病気のために赤ちゃんも産めなくて、お母さんは毎日毎日、家の中でひとりぼっちで、お父さんが仕事から帰ってくるまで、まるで、死んだ人のように元気がなくなっていました。
 お父さんもお母さんも早く赤ちゃんがほしいといつも思っていました。神様にお願いもしました。おじいちゃんやおばあちゃんをはじめ家族のみんなが早くお母さんに赤ちゃんができたらいいとお守りを買ったり、神社にお参りに行ったりしてくれました。それでも何年もお母さんには赤ちゃんができませんでした。「もう赤ちゃんができないかもしれない」「だれか赤ちゃんをくれないかなあ」お父さんとお母さんはそんなことを考えたりしました。
 そして、それから、お父さんとお母さんはアメリカで生活をすることになりました。アメリカで1年くらい生活をしてから、日本に帰ったときでした。お母さんのおなかに裕人君がやってきたのです。みんな、アメリカに行ってよかったよかったといいました。お母さんが元気になって、しかも赤ちゃんができたからです。
 お父さんとお母さんがどんなにうれしかったか裕人君はわかりますか?
 お父さんはもともと優しかったのが、もっともっと優しくなりました。お母さんが元気な赤ちゃんを産むようにいろいろなことをしてくれました。普通のお母さんは、赤ちゃんがおなかにいるとき、吐き気がしたり、気分が悪くなったりすることが多いのですが、お母さんの場合は元気いっぱいでした。いつもは体の弱いお母さんが、裕人君がおなかにいるときは風邪ひとつひきませんでした。そして、おなかがすいてしかたがなくて、焼肉やラーメンやうなぎやてんぷらや、そんな脂っこいものばかり食べていました。お父さんはお母さんのために、肉まんとかギョーザとか、いつも仕事の帰りに買ってきてくれました。だからお母さんはまるで「スターウォーズ」に出てくるジャバ様のようにブクブクと太ってしまいました。それでもお父さんは「かわいい、かわいい。もっともっと食べて元気になりなさい」といって喜んでいました。なぜならお母さんはそれまで病気がちで、とてもやせていたからです。
 お母さんはそうやって、みんなから大切にされて、おなかの中の裕人君といっしょに10ヶ月を過ごしました。おなかの中の裕人君に毎日、話しかけたり、歌を歌ってあげたり、なぜてあげたりしました。そして、昭和62年4月4日に裕人君は生まれたのです。
 赤ちゃんを産むのは大変だけど、お母さんは看護婦さんから褒められるくらい大安産でした。きっと裕人君が、お母さんが苦しくないようにいっしょに頑張って外に出てきてくれたからにちがいありません。お母さんのおなかの中から外に出てきた裕人君は、とても大きな産声をあげました。部屋の外で待っていたお父さんにも聞こえるくらいの大きな声でした。
 ところがそのあと、とても不思議なことが起こったのです。お母さんが裕人君に向かって「お母さんよ」といったときのことです。裕人君はあんなに大きな声で泣いていたのに、お母さんが声をかけたとたん、ピタリと泣き止んで、お母さんの声のするほうに顔を向けたのです。そして、まだ目は見えなかったのに、お母さんの声を聞こうと耳を傾けたのです。
 お母さんはびっくりしました。裕人君は、おなかの中にいるときに聞いたお母さんの声をちゃんと覚えていたのです。そのあと、お母さんのそばにやってきたお父さんもびっくりしていました。「すごいね、ちゃんとおなかの中にいるときからお母さんの声を聞いていたんだね」といいました。
 そうやって、みんなが裕人君と会えるのを楽しみにしていたのです。8歳になった今まで本当にいろいろな人にかわいがられて、みんなから愛されて、裕人君は育ったのです。そのことを忘れないで、みんなを大切にして、これからも元気に腕白に育ってください。
 裕人君はいつまでもお父さんとお母さんと、そしてみんなの宝物です。


 私だけでなく、これは、お子さんのいるお母さん方すべてが経験し、感じたことだと思います。とっくの昔に終わった子育てですが、こうして、妊娠・出産当時のことを振り返ると、感慨深いものがあります。
 今、子育て真っ最中のお母さん、妊娠・出産時のこと、日々の子育てにおいて感動したこと、年の始めに、心も新たに、お子さんへのまっすぐで素直な思いを込めて書いてみませんか?

※今月の写真は、0歳から6歳までの息子の写真です。
2017-12-29 更新
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2008 | 02 | 03 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12
2007 | 12
著者プロフィール
原田 京子(はらだ きょうこ)
1956年宮崎県生まれ
大学院修士課程修了(教育心理学専攻)

【著書】
児童文学
『麦原博士の犬語辞典』(岩崎書店)
『麦原博士とボスザル・ソロモン』(岩崎書店)
『アイコはとびたつ』(共著・国土社)
『聖徳太子末裔伝』(文芸社ビジュアルアート)
エッセー
『晴れた日には』(共著・日本文学館)
小説
『プラトニック・ラブレター』(ペンネーム彩木瑠璃・文芸社)
『ちゃんとここにいるよ』(ペンネーム彩木瑠璃・文芸社)
『タイム・イン・ロック』(2014 みやざきの文学「第17回みやざき文学賞」作品集)
『究極の片思い』(2015 みやざきの文学「第18回みやざき文学賞」作品集)
『ソラリアン・ブルー絵の具工房』(2016 みやざきの文学「第19回みやざき文学賞」作品集)

***********************
※ブログのアドレス(※モバイルでは正しく表示されない場合がございます。 )
「彩木瑠璃の癒しの庭」 http://ameblo.jp/akylulu/
「彩木瑠璃の心の筋トレ」 http://blog.livedoor.jp/saikiruri/ 
「巴里アパルトマン生活を夢見て」 http://blog.goo.ne.jp/saikiruri
(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 » 
PopnupBlog 3.0 Denali-1225 created by Bluemoon inc.  
e87.com(株式会社千趣会イイハナ)
富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART