宮崎みんなのポータルサイト miten !でグルメ・イベント等の生活情報をチェック!
働いてミテン
ユーザー名:
パスワード:
トップ | 無料会員FAQ | サイトマップ | リンク集 |
すべて 食べる
遊ぶ 買う
キレイ 暮らす
健康 医療・福祉
でかけてmiten
買ってミテン
働いてミテン
ミテンの本棚  >  ある国に宮崎人がおったげな・・・

ある国に宮崎人がおったげな・・・
各国で暮らした経験のある宮崎人が
旅行では知ることのできない
リアルな体験記をつづります。
 
No.34 秘境!ソロモン諸島 -後篇-
神山 智也 ( 宮崎在住12年 )
皆さん、こんにちは!
JICA宮崎デスクの崎田です。

今回は、私たちの間で博士(本当に博士なんですが…)と呼ばれている大変面白い青年、神山智也さんのコラム-後篇-をご紹介させて頂きます☆

前篇では、ソロモン諸島が、さつまいも消費量世界NO1ということ、高級マンゴーが100円で売っていることなど、食文化を中心にソロモンのさまざまな魅力をご紹介させていただきました。
南国の食文化を垣間見れ、とても面白かったです!

ソロモンの田舎に2年間滞在し、電気も水も携帯もない生活を経験し、今年の夏に帰国されたばかりの博士の「秘境!ソロモン諸島-後篇-」を皆さんへお届けします♪
さてさて今回はどんなお話なんでしょう…
それでは…秘境の地、ソロモンの旅へLet’s go!!!!!
**********************************

「ソロモン諸島?」
「どこ??」
「国なの???」
私がソロモンの話をしたときの多くの答えはこのどれかです。
世界にはたくさんの国がありますが、最も知られていない国のひとつでしょう。四国の1.6倍ほどと、とても小さい国土の中に魅力がいっぱいのソロモン諸島(通称ソロモン)を紹介します。
(〜前篇より)

生活:
服はみんな適当なシャツを着ています。
女性は公共の場ではスカートが必須です。
伝統的な服は男女ともに葉っぱのスカート、女性はバナナの葉の胸当てと貝殻のアクセサリーです。
普段は見られませんがお祭りなどのイベントではよく見られます。

一部の地域には裸族の村があるらしいです。
村の中では裸か局部を隠す程度で生活していますが、近代化の流れで町に出るときは服を着るとのこと。

首都では近代的な家もありますが、多くの人は伝統的な木とヤシの葉の家に住んでいます。




ほとんどが高床で、風が通って涼しいのとマラリアを媒介する蚊をよける効果があるそうです。
確かに、日本でいえば真夏の気候なのにエアコンも扇風機もなくても快適でした。

首都には電気も水道もガスもありますが、ほとんどの地域にはそれらはありません。
私が住んでいたところも電気がなく、電話もありませんでした。
お店もなかったので缶詰の買い置きや家庭菜園の野菜で食べ物を確保していました。

電気がないので、洗濯機も、冷蔵庫も、扇風機もあらゆる家電はありません。
洗濯や食器洗いは川で、飲み水は湧き水を汲みに行き、夜は灯油ランプで明かりをとり、料理はかまどと薪で、トイレは川か海です。
トイレの場所は決まっていて、その周辺の魚や海草は食べませんが、すべて混ざっているような…


日本とのつながり:
日本では未知の国のソロモンですが、意外なところでソロモンと日本はつながっています。

まずは車。
自家用車や路線バス、タクシーはトヨタや日産。
トラックはイスズや三菱が大人気。
ほとんどが日本の中古車です。

道は未舗装のでこぼこ、時には橋のない川を渡ります。
メンテナンスも万全ではありません。
それでも壊れない日本車は信頼されていて大好評です。

路線バスは○×介護施設や□△幼稚園、トラックは△○工業など日本で使っていたときの名前がそのまま入っています。
ときには神社のお守りまでついています。
ある日、バスに乗っていたら「□△幼稚園」は何と読むのかと聞かれたので、「幼稚園のバスで子どもたちを送り迎えしていた」と説明したら大爆笑でした。

デジカメや時計といった電気製品もやっぱり日本製。
ボートのエンジンも日本のものが人気です。
日本の車や電気製品をほめられると、ちょっと誇らしい気持ちになります。
ただ、車やカメラを直してほしいと言われたときには困りました。




ソロモンには「タイヨー」という言葉があります。
これはツナ缶のこと。

南太平洋に位置するソロモンは近海でマグロが多く獲れるため、日本のタイヨウ漁業という会社がソロモンにマグロの加工工場を作りました。
その会社が「ソロモンタイヨー」。
なので、輸入品を含めてツナ缶のことをタイヨーと呼んでいます。
タイヨーは安価なタンパク源として地方では大人気。
肉や魚がなかなか手に入らないので私もいつも食べていました。

ソロモンでは暑い日には「太陽がとても暑い(Sun hot tumas)」と表現します。「日本では太陽はタイヨーと発音する」と教えたらみんな大喜びで、「タイヨーがとても暑い(Taiyo hot tomas)」と言って笑っていました。

ソロモン諸島と聞いてもピンとこなくても「ガダルカナル」と聞くと、とくに年配の方は聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

太平洋戦争の激戦地「ガダルカナル島」とはまさにここのことです。
首都ホニアラを擁するソロモン諸島最大の島ガダルカナル島。空港を巡ってアメリカとの間で激戦が繰り広げられたこの島では約2万の日本人が亡くなりました。

今でも戦車・飛行機や船の残骸が島内のあちこちに残り、多くの遺骨や遺品がジャングルの土の下で眠っています。

遺骨収集団がしばしばソロモンを訪れますが、未だに多くの遺骨がソロモンに残ったままです。
一刻も早い彼らの帰還を願ってやみません。

また、島内には多くの慰霊碑が建っています。
ソロモンに行く前は戦争というものにほとんど興味はありませんでしたが、こうしてリアルな戦争の跡を感じることによって、戦争や平和ということを考えさせられました。






ソロモンについていろいろ紹介しましたが、まだまだたくさんの魅力があるソロモン諸島。
気になる方はカリーノ8階JICAデスク宮崎へ。

私たち青年海外協力隊ソロモン隊員が作成したソロモン情報誌 “SOLOMON TIME” をぜひご覧ください。


著者・写真:神山智也
**********************************

いかがでしたか?

ソロモンの魅力を前篇&後篇2回にわたりお届けしました。

葉っぱのスカートやバナナの葉の胸当て、貝殻のアクセサリー・・・
一度着てみたいです。(笑)
「タイヨー」と呼ばれるツナ缶があることに驚きました!
太陽のSunをTaiyoと言って笑っているソロモン人を想像すると、こっちまで温かい気持ちになりますね。

さつまいも消費量NO.1のソロモンに、サツマイモの焼酎はなかったですか?…と博士に聞いたところ、ココナツのお酒、現地では「クワソ」と呼ばれるココナツを醗酵させたお酒があるそうです。マッコリのような感じだそうで、甘くて美味しいらしいのですが、二日酔いが激しかったとのこと…。

戦争の激戦地ガダルカナル島がソロモン諸島の1つだったとは、正直知りませんでした。
しかも約2万人の日本人が亡くなられいて、未だに多くの遺骨がソロモンに残ったままだなんて…。
彼らの一刻も早い帰還を願いたいですね。

私もインドネシア滞在時、多くの戦争の傷跡や戦争中の話を聞いてきました。
その度に胸がしめつけられるような苦しい気持ちになりました。

世代が変わり、戦争の悲劇が風化しつつあります。
その反面、未だ戦争や貧困で苦しんでいる多くの人々がいます。
戦争で残った傷跡と向き合い、世界中が想いやりの心を持ち、争いのない平和な世界を実現できるよう願いたいです。

2012年のコラムはこれにて終了です!
2013年も「ある国に宮崎人がおったげな・・・」を引き続きどうぞ宜しくお願いいたします。
皆さま良いお年をお過ごしください。
それでは次回もお楽しみに〜♪
2012-12-17 更新
2018 | 03 | 05 | 07 | 08 | 12
2017 | 02 | 03
2016 | 01 | 03 | 05 | 07 | 12
2015 | 01 | 04 | 06 | 09 | 10
2014 | 02 | 06 | 08 | 11
2013 | 01 | 03 | 04 | 06 | 09 | 12
2012 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12
2010 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
著者プロフィール
ソロモン諸島
神山智也(KAMIYAMA TOMOYA):
1982年埼玉県生まれ。
大学進学を期に2001年から宮崎県民に。
青年海外協力隊として2年間をソロモンで過ごす。
現在は宮崎大学大学院に在籍。
肉好きな野菜ソムリエ。



■問い合わせ先■
JICA宮崎デスク 国際協力推進員 崎田佳予子(Kayoko Sakita)
(元JICAボランティア:インドネシア 管理栄養士)
勤務先:(公財)宮崎県国際交流協会 カリーノ宮崎8F
TEL:0985−32−8457
Email:jicadpd-desk-miyazakiken@jica.go.jp
JICA九州HP URL:http://www.jica.go.jp/kyushu/
JICA宮崎デスクURL:http://www.mif.or.jp/japanese/
(※モバイルでは正しく表示されない場合がございます。 )

※『なんとかしなきゃ!見過せない55億人』⇒http://nantokashinakya.jp/
「なんとかしなきゃ!プロジェクト」は、あなたにできる国際協力を見つけていただくための活動です。

°-°-°よりよい明日を、世界の人々と。.。.:*・゜☆

〜 For a better tomorrow for all. 〜

・:*:・°’★,。・:*:・°’☆・:*:・

(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 » 
PopnupBlog 3.0 Denali-1225 created by Bluemoon inc.  
e87.com(株式会社千趣会イイハナ)
富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART