宮崎みんなのポータルサイト miten !でグルメ・イベント等の生活情報をチェック!
働いてミテン
ユーザー名:
パスワード:
トップ | 無料会員FAQ | サイトマップ | リンク集 |
すべて 食べる
遊ぶ 買う
キレイ 暮らす
健康 医療・福祉
でかけてmiten
買ってミテン
働いてミテン
ミテンの本棚  >  体で感じる・心が育つ

体で感じる・心が育つ
こどもに関するコラム集!専門家がコラム・情報を掲載しています。
 
No.56 メンターのチカラ
原 田 京 子 ( 児童文学作家 )
 先日、ふらりと入った骨董品店で、思わぬ出会いがありました。おもにヨーロッパの品物を扱っているお店でしたが、とてもステキな薔薇の模様のコーヒーカップや、アンティークのアクセサリー、小物などがたくさん並べてありました。私が見とれていると、「何かお探しですか?」という声が、店の奥から聞こえてきました。私よりも一回りくらい年上の、見るからに優しそうな女性でした。「美しいものを見るのが好きなんです」私はそう答えました。「どうぞごゆっくりごらんくださいね」そんな言葉から会話が始まりました。その女性は、フランスで8年ほど暮らした後、このお店を開いて、もう20年近くになるということでした。私は、フランスに行きたいと思っていること、そのためにフランス語を勉強していることを話しました。そして、イギリスを始めとして、他にもたくさん行きたい国があること、だから、それらの国についていろいろと調べていることなどを話しました。

 すると、その女性はいいました。「あなたは、それらの国の、その有名な観光地に行っても、きっと、『あ、絵葉書と同じ風景だ』、そう思うだけでしょう。なぜなら、あなたは自分で思っているほど、それらの国に行きたいと思っていないのではないですか? 私から見たら、あなたは、今の自分に十分満足している。今、自分がいる世界で幸せを感じている。そして、いろいろな国の、様々な場所の写真を見ながら、もう、十分その場所に行った気になれている。だから、もし、実際にその場所に行ったとしても、きっと、写真と同じ風景だということを確認するだけだと思いますよ。」
 私は、この後の約束の時間がせまっていたので、後ろ髪を引かれつつ店をあとにしましたが、その女性がいった言葉が頭から離れませんでした。なぜなら、自分では気がつかなかったけれども、本当に核心をついた言葉だったからでした。そして、その女性はこんなこともおっしゃいました。
「どうせ行くのなら、同じ場所に長く滞在して、そこで生活してみるといいですよ。そうしたら、得られるものがまったく違ってきます」

 旅人であることと、生活者であることの違い。私は、マンハッタンでのたった一年足らずの生活でしたが、それを体感できました。「人は一番最初に行った国が一番好きな外国となる」ずいぶん昔にそんな文章を読んだことがありましたが、骨董品店の女性がフランスを一番好きな外国だと思ったように、私も、マンハッタンという街が一番好きな街です。それは、この街が、世界でもっとも刺激的な街だからでも、ティファニーなどの世界的に有名なお店が立ち並ぶ五番街のせいでもなく、そこで生活している人々との出会いや、そこで経験したさまざまなことが深く心に残っているからでした。これまでの旅がそうだったように、旅の思い出として心に深く残っているのは、何の期待も計画もしなかった場所での、思いがけない出会いばかりでした。

 それならば私は、どうして、フランスをはじめとする、それらの国々へ行きたいと思っているのだろう。私はそのことについて考えてみました。そして、こんな結論に達したのです。それらの国々は、「私の本当に行きたい場所」ではなく、「私がいつかは行かなければならないと思っている場所」なのではないか?と。そんなことを考えていると、最近の私は、「行きたい」「見たい」「食べたい」といった「欲求」というものから遠ざかっているとさえ感じました。「あなたが今、一番ほしいものは何?」そうたずねられたら、すぐにこれだと答えられるようなものが存在しないのです。
 書きたいことがたくさんあって、それを書くための自由な時間があり、こうして、書いたものを発表する場所がある。それを読んでくださる人がいて、その内容に幸せを感じてくださる。「さしあたり、行きたいと思う場所がなく、欲しいと思うものがない」このことはいいかえれば、「今いる場所が一番好きであり、今ある状態に満足している。つまりは、今が一番幸せ」ということを意味しているのだろうかと思っています。私がそう感じることができるのは、メンターの存在がとても大きいと思っています。

 私にはメンターと呼ぶべき人が何人かいます。それは外国語に関するメンターだったり、創作に関するメンターだったりします。そして、「幸せ」に関するメンターといえば、望月俊孝さんです。望月さんからは毎日のように幸せになれるメールが来ます。この間はこんなメールが来ていました。

**********************************

 原田さん、こんばんは。望月俊孝です。今日は特別な日だって知ってました? ブルームーンというのですが、数年(3.4年)に一度、ひと月に2回、満月がある月の後の方の満月です。本日の満月は23時頃だそうですので、このパワフルな日に夢をリクエストするには最高ですよ。
 それでは本日は『今することと夢の関係』というテーマをお届けします。スティーブ・チャンドラーが「あなたの夢が現実になる小さなステップ」でこんな面白い方法を紹介しています。毎朝、目が醒めたらレポート用紙にちょっと大き目な4つの○を描き、その中に目標を書いていくというものです。一つ目の○は「一生の目標」。次は「1年の目標」。そして「1ヶ月の目標」。最後が「今日の目標」。それによって、「一生の目標」と「今日の目標」が有機的につながってきます。もしくは「一生の目標」と「今日やること」とのつながりは、頭は自然に考えてくれます。(中略)「今日やること(TO DO LIST)」や「今月の目標」「今年の目標」を手帳やノートやメモに記しておきましょう。今日取り組んでいることが夢とつながっていることがよくわかることと思います。同じことをしていてもやらされているのではなく、自ら喜んでやっていることになると思いますよ。すると夢の実現力がさらに大きくアップしますよ。(後略)

**********************************

 人は、思わぬところで、自分のメンターとなるべき人と出会い、自分の人生にとっての有意義なアドバイスをプレゼントされることがあります。骨董品屋さんで出会った女性も、そんなひとりだったのかもしれません。なぜなら、「外国へ行くこと」が私のそうしたいという「思い」なのではなく、そうしなければならない「使命」だと気づかせてくれたからです。
 子育てをとっくの昔に終わってしまった私とちがって、子育て真っ最中の若いお母さんたちにとっては、「海外旅行」どころではないかもしれません。でも、私と同じように、実際にその場所に行かなくても、想像の翼を広げるだけで、その行き先は無限大に広がります。実際に行けなくても、想像力を思う存分働かせることができるお母さんは、間違いなくすばらしい子育てができると思います。いいえ、むしろ、想像上の世界旅行のほうが、ずっと子どもたちには大きな可能性を与えてあげることになるかもしれません。すべては、そんな心のスイッチの切り替え方で決まります。
 私がこうして書いている文章も、そんな心の切り替えのためのスイッチのひとつになれれば、私にとってこれほど幸せなことはありません。

2012-10-02 更新
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2008 | 02 | 03 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12
2007 | 12
著者プロフィール
原田 京子(はらだ きょうこ)
1956年宮崎県生まれ
大学院修士課程修了(教育心理学専攻)

【著書】
児童文学
『麦原博士の犬語辞典』(岩崎書店)
『麦原博士とボスザル・ソロモン』(岩崎書店)
『アイコはとびたつ』(共著・国土社)
『聖徳太子末裔伝』(文芸社ビジュアルアート)
エッセー
『晴れた日には』(共著・日本文学館)
小説
『プラトニック・ラブレター』(ペンネーム彩木瑠璃・文芸社)
『ちゃんとここにいるよ』(ペンネーム彩木瑠璃・文芸社)

***********************
※ブログのアドレス(※モバイルでは正しく表示されない場合がございます。 )
「彩木瑠璃の癒しの庭」 http://ameblo.jp/akylulu/
「彩木瑠璃の心の筋トレ」 http://blog.livedoor.jp/saikiruri/ 
「ラピスとめぐる世界の旅」 http://lulu.blogzine.jp/
(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 » 
PopnupBlog 3.0 Denali-1225 created by Bluemoon inc.  
e87.com(株式会社千趣会イイハナ)
富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART