宮崎みんなのポータルサイト miten !でグルメ・イベント等の生活情報をチェック!
働いてミテン
ユーザー名:
パスワード:
トップ | 無料会員FAQ | サイトマップ | リンク集 |
すべて 食べる
遊ぶ 買う
キレイ 暮らす
健康 医療・福祉
でかけてmiten
買ってミテン
働いてミテン
ミテンの本棚  >  みやざき考古楽

みやざき考古楽
私たちは、過去を見つめてはじめて今日を知り、未来を見通すことができます。
宮崎の歴史や文化について、考古学の観点から分かりやすく紹介します。
 
No.33 道は国家の礎 古代の計画道路
東憲章 ( 県教育庁文化財課 )
 宮崎県を襲った未曾有の災害「口蹄疫」。29万頭あまりの牛や豚が殺処分されるなど、畜産、農水産、運輸、観光、飲食などあらゆる業種に多大な爪痕を残し、本県の経済を混乱させ、そして何より、人の心に大きな傷をもたらした。
 国、県、市町村、企業・団体、地域住民、農畜産家、個人の総力をあげた見えない敵との戦いは、漸く一段落を迎えようとしている。
 しかし、継続的な消毒作業、疫学的な調査や検証、さまざまな復興施策など、この先も戦いは続く。まだまだ、「頑張ろう 宮崎!」である。

 さて、口蹄疫の感染拡大防止の方策として、患畜・疑似患畜の殺処分と埋却とともに、最も重要視されたのが、各地を繋ぐ道路における消毒作業であった。道路は、言うまでもなく車、人、モノが往き来する場所であり、情報や経済の経路でもある。

 こうした道路は、古代においても重要な意味を持っており、国家により整備された「官道」が全国に張り巡らされていた。大化の改新で発せられた詔(646年正月)には、「駅伝制」を布く旨の記載があり、これを契機に全国に直線的な計画道路網が整備されたとされている。全国を「五畿七道」に区分し、中央である五畿と地方である七道で構成した。現在の九州は「西海道」と呼ばれ、中央政府の最重要地方拠点であった太宰府と、各国の国府等を結んでいた。

 駅路と伝路からなる官道は、各拠点(国府や郡家等)間を最短距離で結び、更に各地域においては、土地計画の基準線となることも多かったと思われる。約109m四方の正方形を基準とする「条里制」は、古代における土地制度の基礎であり全国に広がった。
 日本の各地で、発掘調査により古代官道が発見されたり、現在でも生きた道として一部が踏襲されているものも見られる(奈良盆地の上ッ道、中ッ道、下ッ道など)。また、条里地割りや関連地名が残る地域も多い。

 宮崎県においては、文献や地名などから古代官道のルートが推定されているものの、実際の遺構としては、道路跡や駅家跡などは確認されていない。そうした中で、えびの市栗下地区には、小道に沿った細長い区画の水田が見られる地点があり、古代官道の推定地の一つとなっている。
 また、条里地割りについても未確認であるが、宮崎市下北方町に残る「椎ノ坪」地名などは、条里地割りによる「四の坪」に拠るものと推定されている。

 古代官道は、「人・モノ・情報」を効率的に移動させ、中央と地方を結ぶ役割が期待された。そのため、旧来の集落や拠点とは無関係に路線設定され、約16卷茲鳳慍箸設置された。この駅路と駅家の関係は、現代の高速道路とインターチェンジに類似しており、実際、古代駅路と現代高速道路の路線位置や、駅家とインターチェンジの配置がほぼ一致する地域も指摘されている。

 こうした古代道路に関する企画展が開かれている。
------------------------
 県立西都原考古博物館 企画展 「道は国家の礎  〜古代の計画道路〜」
 9月5日(日)まで  
 入場無料
 10:00〜18:00(入館は17:30まで)
 休館日:月曜日
------------------------
2010-07-28 更新
2011 | 01
2010 | 02 | 04 | 07 | 09
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2007 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 » 
PopnupBlog 3.0 Denali-1225 created by Bluemoon inc.  
e87.com(株式会社千趣会イイハナ)
富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART