宮崎みんなのポータルサイト miten !でグルメ・イベント等の生活情報をチェック!
働いてミテン
ユーザー名:
パスワード:
トップ | 無料会員FAQ | サイトマップ | リンク集 |
すべて 食べる
遊ぶ 買う
キレイ 暮らす
健康 医療・福祉
でかけてmiten
買ってミテン
働いてミテン
ミテンの本棚  >  体で感じる・心が育つ

体で感じる・心が育つ
こどもに関するコラム集!専門家がコラム・情報を掲載しています。
 
No.27 大好きなことを見つけること
原 田 京 子 ( 児童文学作家 )
 私の大好きなメンターの一人に、望月俊孝さんがいます。いつも、心が豊かになれるすてきなメールを送ってくださいます。望月さんは、人が幸せになれる手助けをすることを生涯の仕事としている方なので、その文章を読んでいると、心が癒され、そして、やる気が沸いてきます。望月さんのブログに、私のコラムを紹介してくださいました。「ありがとうございます。」
 いつも、望月さんはタイムリーにさまざまなメールをくださるのです。以前のコラムで、台風接近のため飛行機が飛ばなかったときのことを書きましたが、あのとき、これまでの私だったら考えられないような決断が出来たのも、望月さんからのタイムリーなメールが、前に進めるように私の背中を押してくださったからでした。いいことは、こうしていつもシンクロするのです。

 私は最近、幸せな人生を送るために、一番必要なことは何だろう、そう考えることが多くなりました。そして、それはまさに「好きなことを見つけること」ではないか、そう思っていたときでした。望月さんからメールが来ました。
〜〜〜〜〜〜〜
★幸せを感じる3条件:「Newton」の元編集長、竹内均氏が幸せについて書いています。
1)自分の好きなことをしている時
2)それでメシが食えること
3)それで他人の尊敬をうけること
この三拍子がそろった時、人間が間違いなく幸せであると。

〜〜〜〜〜〜〜
 そんなメールを読みながら、またまた望月さんとシンクロしたことに喜びを感じました。そして、以前本で読んだ言葉を思い出しました。
「天職とは、それでお金が稼げないとしても、その仕事を続けたいと思うか? という質問に、即座にイエスと答えられるような仕事である」
 だから、天職が見つけられ、それでご飯が食べられ、しかも、人の尊敬を受けられたら、この上なく幸せであることは間違いないでしょう。そんな仕事を見つけられたら・・・。
 そのためにどうしたらいいか? 答えはたった一つです。大好きなことを見つければいいのです。しかし、大好きなことを見つけることは、言葉でいうほど簡単なことではありません。大人だって、大好きなことを見つけ、それを天職と思えるまでに高め、それを続けられている人はそんなにたくさんはいないでしょう。だからこそ、それを見つけるための時間が多ければ多いほど、見つけられる可能性が高くなります。つまり、子どもの頃から好きなことを見つければいいのです。そのためには、親の存在が大きな力になるでしょう。好きなことを見つける手助けをしてあげられるからです。

 悲しいことに、今の子どもたちは、じっくりと腰をすえて好きなことを見つける時間がありません。好きなことを探そうとする前に、あれもこれもといろいろなやるべきことを与えられてしまうからです。それでも、子どもは大人の考えもつかないようなことを探し出す天才ですから、きっと好きなことを見つけ出します。問題はそこからなのです。子どもが好きなことに没頭しているとき、子どもと同じ目線で、それに没頭している気持ちを理解してあげられるかどうかが、大きな鍵になるのです。たとえ、理解してあげられないとしても、子どもが、キラキラと瞳を輝かせながらそのことに没頭しているとしたなら、その至福のときを過ごしている子どもの時間を、大人の杓子定規な先入観で、邪魔をしないことです。

 息子がまだ歩き始める前の頃のことです。お日様の光が差し込む畳の部屋で、洗濯物を干しているときのことでした。よつんばいになった息子が、畳をくいいるように見つめているのです。畳の上にはなにもありません。私はいったい何を見つめているのだろうと思って、息子の様子を見ていました。なんと息子は、畳に映る私の影の動きを見つめていたのでした。私が動くたびに影が動きます。そのたびに息子は、影の動きを目で追いながら首を傾げているのでした。
 子どもにとって、身の回りの出来事すべてが発見の連続であり、子どもの成長には、こうして、感動的な瞬間がいたるところに存在するのです。 
『本を読む本』(講談社学術文庫)の中で、著者のM.J.アドラーとC.V.ドーレンは、「子どもが一人前の読みかた能力を身につけるまでに四つの段階がある」と述べています。中でも注目すべきは第二段階で、この段階において奇跡と呼べるべき事が起こるといいます。それは、記号の集まりにしか見えないものが意味を持つのだと理解できる瞬間のことでした。

 私の二作目の著書『麦原博士とボスザル・ソロモン』(岩崎書店)の中で、サルのソロモンがいかにして人間の言葉を覚えていったかを説明しています。ヘレンケラーが、視覚も聴覚も失った後、サリバン先生とともに流れ出る井戸水に触れながら、大病を患う以前に覚えたたった一つの言葉「ウォーター」が、今触れている、まさにその水そのものであり、同時にサリバン先生が自分の手に書いている「w・a・t・e・r」という五つの文字で表されることを理解するのです。
 子どもが文字を理解することは、これと同じくらい感動的で、本当に、奇跡とも言うべき瞬間です。だって、「アリんこの集まり」にしか見えない文字の集合体が、意味をもつこと、自分の話している言葉が文字に書き換えられること、そのことを理解できるなんて、本当にすごいことなのです。私は、残念ながら、この瞬間を見逃してしまいました。だから、この時期のお子さんをお持ちのお父さん、お母さんには、この感動的成長の瞬間を見逃してほしくないのです。
 この奇跡の瞬間が訪れる前に、子どもたちには「読み方準備期」というものが存在し、「言葉をはっきりと話すことができ、いくつかの文が正しい順序で使えるようになっている。友達と学び、注意力を持続し、他人の指示に従うことができる」といったことをクリアしていなければなりません。このことができる前に無理に読み方を教え込もうとすると、子どもは嫌気がさして読書嫌いになり、そうなると大人になってからもこれを直すことがむずかしい」ということです。

 今月のコラムは、ちょっとむずかしくなったかな? と心配しています。だから、最後に、ピアニスト 辻井伸行さんのお母さまのすてきな言葉をプレゼントして、皆さんの心を癒すことにします。
「子どもの可能性は無限大。親バカでいいから信じてあげてほしい。好きなことをさせてあげてほしい。同じ目線で育ててあげてほしい。根拠のない自信は大切です」
2010-05-01 更新
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2008 | 02 | 03 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12
2007 | 12
(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 » 
PopnupBlog 3.0 Denali-1225 created by Bluemoon inc.  
e87.com(株式会社千趣会イイハナ)
富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART