宮崎みんなのポータルサイト miten !でグルメ・イベント等の生活情報をチェック!
チラシ特集2017 4月
ユーザー名:
パスワード:
トップ | 無料会員FAQ | サイトマップ | リンク集 |
すべて 食べる
遊ぶ 買う
キレイ 暮らす
健康 医療・福祉
でかけてmiten
買ってミテン
働いてミテン
ミテンの本棚  >  体で感じる・心が育つ

体で感じる・心が育つ
こどもに関するコラム集!専門家がコラム・情報を掲載しています。
 
No.22 過去、現在、そして、素晴らしい未来へ
原 田 京 子 ( 児童文学作家 )
 最近、目に見えない不思議な力の存在を感じることがあります。なにかとてつもなく大きな力が、私たちの知らないところで働いていて、私たちの運命をつかさどっているのではないか、と感じるのです。そう思うことのひとつが、このコラムのタイトル「体で感じる・心が育つ」。私はこのタイトルを、コラムの依頼を受けてから思いついたのではありません。大学生の頃、初めて心理学という学問に出会い、子どもの心を探っていくうちに、この学問の魅力に取り付かれました。いつか私がお母さんになったら、子育てで経験したことを書き残そう。そのときにはどんなタイトルがいいかな。そんなことを考えているとき、ふっ、と天から降りてきたように私の頭に浮かんだのです。あれから、三十年以上経ち、そのタイトルを活かす時が来たのでした。

 卒業を控えていた私は、社会人となって社会の歯車のひとつに組み込まれるのが怖くて、放浪の旅に出ようとか、出家しようとか、現実から逃避するようなことばかり考えていました。砂浜にねっころがって、一日中、空と海を眺めながら、もし、出家したら「空海」という名前がいいなとか、そうか、これは偉大なる弘法大使の名前だったなとか、もしかしたら、空海も空と海が好きだったのかなとか。今考えると、本当にモラトリアムな時期なのでした。そのとき、エッセーのタイトルも思いつきました。それは「ひとひらの雲」というタイトルでした。

「雲」
おうい雲よ  
ゆうゆうと
馬鹿にのんきそうぢやないか
どこまでゆくんだ
ずつと磐城平の方までゆくんか

 これは、私の大好きな山村暮鳥の詩です。社会という荒波に飛び出していくことの不安におびえていた私に、この詩は癒しを与えてくれました。雲は、一日中眺めていても飽きません。だから、カバーに、青い空をバックにぽっかりと浮かんだ白い雲が描かれたエッセー集を出そうとか思ったりしたのでした。余談ですが、渡辺淳一氏が「ひとひらの雪」という恋愛小説を毎日新聞に連載するのは、それから数年後の、1981年のことです。

 もうひとつ。私の小説用のペンネームのことです。私のペンネームは「彩木瑠璃」と書いて「さいきるり」と読みます。「さいき」はpsyche〔saiki(: )〕から来ていて、「心」とか「魂」という意味で、psychologyはそれを扱った学問ということで、「心理学」です。ちなみに、PsycheとPを大文字にすると、「プシュケー」と読み、ギリシャ神話ではエロスに、ローマ神話ではキューピッドに愛された、絶世の美女の名前です。瑠璃は、「ラピスラズリ」という私の大好きな青い色をした宝石の和名です。ラピスラズリは神の力を宿した幸運の石といわれています。
 先月のコラムで「色」を話題にしたときでさえ気がつかなかったのですが、「彩」という漢字は「いろどり」と読み、色に関係があります。そして、「木」は私の理想とする生き方です。
「空に向かって上へ上へと伸び、春には花が、夏には新緑の葉陰が人を癒し、秋には実りを、そして、冬は寒さに耐え、やがて来る春を待つ。どんなに大きくなろうとも、決してその存在を主張することなく、静かにひとつところにどっしりと構え、人はそこに癒しを求めて集まる」
 先日、「私という木」というタイトルでそんな感じの詩を書いたばかりでした。
 「彩」と「木」。私は、ペンネームを考えたとき、「psyche」にあてはめる、「さいき」と読むことのできる、見栄えのいい漢字をと、単純に選んだのでしたが、私の無意識の世界の中には、「coloring:彩(いろどり)」と「tree:木」への思いがすでに存在していたのかもしれません。
 こうやって突き詰めていくと、すべてがその場限りの思いつきのように見えながら、実は過去から呼び起こされ、そしてまだ見ぬ未来へとつながっているような気がします。だから、大切なことは、そのときできるベストを尽くすこと。その小さなベストが時を経るにつれていくつもの可能性の蕾となり、やがてくる将来に想像を超える形で、大きく、美しく花開くのです。

 さて、今年ももうすぐ終わります。私の、今年の生き方のテーマは「洗練」でした。いろいろな意味で、洗練された年だったと思っています。仕事においても、人間関係においても、私にとって、新しいステージを迎えたような気がしています。
 私は、このコラムで、プラスの言葉を、そして、美しい言葉を使うように努めています。読んでくださった方が、心が洗われるように、心が癒されるように、心が温かくなるように。そのために、私は、好奇心のアンテナをツーンと高く伸ばして、できるだけたくさんの素晴らしいものや素敵なものを見つけ、ドキドキ、ワクワクしたいと思っています。そうやって、心にジーンと響いたことを、私の言葉でこのコラムに表現し、それを読んでくださった皆さんの心を少しでも幸せにすることができたら、私は本当に嬉しいのです。
 そんな私の思いを、まるで代弁してくれるような言葉を見つけたので、今年最後のコラムの、私から皆さんへのプレゼントとしたいと思います。

ネイティブアメリカン ナバホ族の子どもたちが唱える
「幸せになるための誓い」

私の耳はいいことを聞くことだけに使います
私の目はいいことを見るためだけに使います
私の鼻はいい空気を吸うことだけに使います
私の口はいいことを話すことだけに使います
私の手は万物に愛をもって触れることだけに使います

 今年もたくさんの出会いがありました。魂を揺さぶるゴスペルを歌う人、いくつもの素敵な出会いに導いてくれる人、お日様のような微笑で私の心と体を癒してくれる人。こんな素晴らしい人々と出会い、友となれることに感謝して一年が終われることを、本当に幸せに思います。
2009-12-01 更新
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2008 | 02 | 03 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12
2007 | 12
(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 » 
PopnupBlog 3.0 Denali-1225 created by Bluemoon inc.  
e87.com(株式会社千趣会イイハナ)
富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART