宮崎みんなのポータルサイト miten !でグルメ・イベント等の生活情報をチェック!
チラシ特集2017 4月
ユーザー名:
パスワード:
トップ | 無料会員FAQ | サイトマップ | リンク集 |
すべて 食べる
遊ぶ 買う
キレイ 暮らす
健康 医療・福祉
でかけてmiten
買ってミテン
働いてミテン
ミテンの本棚  >  イロハに!

イロハに!
物事のイロハを「胃・口・歯」と考え、日々美味しく食べるために、すべきことを、歯科医師の立場から考え、提案していきたいと思います。
感想、ご質問など、どうぞ遠慮なく!
 
No.7 ムシ歯予防はワインと同じ
河野秀樹 ( 桜歯科 )
「この世でワインほど文明的なものはない」
アーネスト・ヘミングウェイ(アメリカの小説家1899-1961)
 この言葉は「午後の死」に出て来るフレーズでこう続きます。「この世でワインほど文明的なものはないし、これほどの極致に到達した自然物も少ない。」これには納得大賛成です。筆者にとって、ワインは文化であり、単なるアルコール飲料ではありません。

 さてタイトル。なぜムシ歯予防がワインと同じかをお話しします。『歯を磨くことは、大きく言えば「人生をより味わうため」。人生をより深く味わうために「切磋琢磨ハブラシ」で自己磨きと同時に、専門家にも磨かせてください』(ハナ通信No.72)。『この際、口という器官を「人生を味わうための器官」ととらえてみてはいかがでしょうか』(No.73)。『字面を見ても「幸福増大ケア」の方が良さそうでしょ!悪くなって歯の治療を受けるより(最小不幸治療)も、白い歯を保つ習慣(幸福増大ケア)へ切り替えてみませんか?』(No.74)と、ハナ通信に書きながら、ふと考えました。食事であれば「単に腹が満たされればいい」、お酒なら「酔えればいい」、服でも「着られればいい」という考え方はありますし、否定する気もありません。ワインに関しても同じことが言えます。となると、その人の人生、人生観も同じく十人十色です。

 もうお分かりでしょう。「悪くなってから治せばいい」という考えも存在します。「人生を味わうために・・」とは言え、味わい方は人それぞれ。歯科医から見て、ムシ歯にするのはもったいないと思っても、それはあくまでも歯科医師の物差し。食事でもワインでも服でも、何を選ぶかは、その人の物差し。ムシ歯予防を望むか否かは、その人の価値観、文化! 
 ご存じ、ワインはヨーロッパを中心とする文化で、日本においては舶来品。日本は木造建築、海に面しているなどで、大陸とは異なり「使い捨て」的な文化・習慣がつくられたのかもしれません。北欧では当たり前の「歯科予防」、例えばPMTC(歯のクリーニング)も、北欧から日本に導入されてまだ十数年です。ゆえに歯科予防は焼酎や日本酒ではなくやはりワインなのです。

 もうひとつ、ワインの特徴として「熟成」というある一定の時間を必要とします。ワインの産地、葡萄の品種、銘柄(作り手)などによって、その期間はさまざまですが、十年、二十年でやっと飲み頃になるワインも多くあります。図1を見て下さい。ご本人(子どもさん)が、歯の価値、白い歯の価値、健康な歯の真価を認識できるのは何歳でしょうか?永久歯が生え始める六歳で可能でしょうか?無理だと思います。勉強を例にイメージしてみて下さい。親や学校の先生から「勉強しなさい」と言われても、高校受験を目の当たりに、また大学受験が迫って来て、初めて「自ら勉強しなければ」と実感できるのではないでしょうか。自覚が遅すぎて不合格となっても浪人という方法はあります。しかしムシ歯になってしまったら、終わりです(元に戻すことは不可能です)。持って生まれた「ダイヤの原石」を磨くことなく「ただの石」にしてしまうのです。ここで御理解願いたいのは、子どもさんに自覚しなさい、と言っているのではないのです。子どもさん御本人は15歳とか18歳になって始めてしっかり理解できるのです。歯が熟成(本人が白い歯の価値を認識できるまで)するまで15年、20年かかるのです。この熟成を必要とする点においても、まさしくワインです。ちなみに、熟成をお手伝いをすることも歯科医師の仕事なのです。

 歯はまさしく「極致に到達した自然物」です。生えて来た時は「白い歯」。気がつけば、その白い歯が「黒い歯:ムシ歯」になってしまうのは、ひょっとするとあなたの文化が関与しているのかも。「ずっと白い歯」という文化・習慣を手にしてみませんか、喜んでお手伝いします!

  ハナ通信はこちら http://connote.jp/hana/back.htm
2011-01-14 更新
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05
2010 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
著者プロフィール
河野秀樹(かわのひでき)
1961年宮崎県日南市生まれ
   以後、親の転勤で九州各地を転々。
1986年 九州歯科大学卒業
1990年 日南市に桜歯科開業
2009年 笑い療法士二級合格(歯科医師第1号)
趣味:茶・ワイン・味な旅

889-2541 日南市あがた東10-5-27 桜歯科 
ホームページ:http://connote.jp/
メール:sacra@connote.jp
1 2 3 4 (5) 6 7 8 9 10 11 » 
PopnupBlog 3.0 Denali-1225 created by Bluemoon inc.  
e87.com(株式会社千趣会イイハナ)
富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART