宮崎みんなのポータルサイト miten !でグルメ・イベント等の生活情報をチェック!
働いてミテン
ユーザー名:
パスワード:
トップ | 無料会員FAQ | サイトマップ | リンク集 |
すべて 食べる
遊ぶ 買う
キレイ 暮らす
健康 医療・福祉
でかけてmiten
買ってミテン
働いてミテン
ミテンの本棚  >  みやざき風土記

みやざき風土記
県総合博物館・県文化課・県立図書館で民俗や文化財、郷土史料等専門的業務に長年従事した専門家が、風土や風俗、伝統芸能、地域史など宮崎の文化を分かりやすく紹介します。
 
No.206 宮崎神楽の舞処諸相(5)
前 田 博 仁 ( 宮崎民俗学会会長 )
日南神楽
 日南神楽は舞処を御神屋といい神社境内に設ける。その広さは室内で神楽奉納する高千穂や椎葉などの御神屋に比すと結構広く、5m〜6m四方である。正面に10mほどの孟宗竹の注連柱を立て、その最頂部に黄幣をつけ、両脇に赤と青の幣を斜めに挿す。先端に日の丸開扇をつけ、長さ1.5m幅50cmほどの赤布を張り巡らす。柴束には赤・黄・紫・白(神社によって異なる)などの色幣を挿す。御神屋正面に祭壇を設え赤・青・黄・白・紫(黒)の幣を立てる。さらに祭壇には竹又は木の鳥居を立て、額束に天照皇大神と記す。御神屋の中央に東は青、南は赤、西は白、北は紫(黒)の幣、中央に黄幣を立てた「金笠」とか「キンカイ」という天蓋を下げる。金笠の中心に五穀を入れた押手箱を下げ、箱側面に国常立命、高皇霊産命、神皇霊命、津速霊産命、伊弉諾命、天御中主命、面足命、吾勝命の神名を書き、箱中央下に大日霊貴と書いた紙を下げる。
 御神屋周囲に縄を回らし、そこに笹竹を立て神名を書いた旗(長紙)を下げる。入口には豊磐窓命と櫛磐窓命、正面上座には国譲日国譲月舅命、国常立命などを下げるが神社よって幾分異なる。他に国狭槌命、豊斟渟命、埿土煮命、大戸道命、天八下命、天合命、振魂命、万魂命、天八百日命など十三神を下げる。

 結界に神々の名を記した旗をさげる設えは、日南の神楽独特で県内他所の神楽では見ない。近年、後継者や神楽準備の協力者などの減少から、天候急変による御神屋の作り直しが困難となり、境内から公民館など屋内にかえ、注連柱や祭壇の設えが変わってきている所もある。

 潮嶽神楽は注連柱最頂部に黄幣を立て、両脇に赤幣と青幣を斜めに挿し、赤と青の幣先端に赤布を渡す。太竹の鳥居には注連縄を張り、その後ろに8本の白幣を並列に、下段に黄幣を中心に右側に緑と赤の幣、左に紫と白の幣を並べる。

 潟上神楽は紅白の布を巻いた注連柱の最頂部に高く白幣を立て、少し下に赤幣、青幣を斜めに挿し赤布を渡す。周囲に白幣多数を挿す。鳥居の額束には天照皇大神宮の文字。

 九社神楽も注連柱の最頂部に柴束をつけ、中央に黄幣その両脇に赤と青の幣を挿し、先端に日の丸開扇をつけその間に布を巡らす。金笠上中央に黄幣、両脇に赤・青の幣を立てる。

 上方神楽も概ね九社神楽と同じだが、日の丸開扇に渡す布は青、木製金笠の上縁に四つの鳥居をのせる。

 萩之嶺神楽も他の日南神楽と殆ど同じだが巡らす布は桃色、鳥居と注連柱の間に柴を立てる。

 酒谷神楽も注連柱頂上部に柴束を付け、白幣・色幣10本ほど挿す。開扇を付けた2本の幣の間に薄赤の布を張る。
 御神屋を公民館など室内に変えた保存団体を紹介する。霧島神楽は乱杭野の舞殿で神楽奉納する。祭壇には1.5mの色幣・白幣20本程を立て、その下部は柴で覆う。柴前は供物、その下に神楽面を並べる。祭壇の長押から「繰り降し」縄を左右3本ずつ張り、それには三笠や日月、シデを付ける。長押上部に柴束を置き、赤・黄・青・緑の幣を挿す。金笠は舞殿の梁につけ、竹の輪にS字に切り抜いた白紙を貼り、上に赤・青・緑・紫の幣を東西南北に向ける。注連柱はない。

 岩崎稲荷神社も注連柱はなく、木製鳥居と椎木2本を両脇に立て神棚を設置する。金笠は他と変わらない。
2020-09-09 更新
2020 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08
2019 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12
2018 | 02 | 03 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2017 | 02 | 03 | 04 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2013 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2007 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
著者プロフィール
前田 博仁(まえだ ひろひと)
昭和40年宮崎大卒。県内小学校、県総合博物館、県文化課、県立図書館を歴任、平成15年宮崎市立生目台西小学校校長定年退職。現在、宮崎民俗学会会長、宮崎県立博物館協議会会長、
(県)みやざきの神楽魅力発信委員会副委員長、(県)伝統工芸品専門委員、
(県)神楽保存・継承実行委員、「米良山の神楽」記録作成調査委員

【著書】
『近世日向の仏師たち』(鉱脈社)
『薩摩かくれ念仏と日向』(鉱脈社)
『近世日向の修験道』 (鉱脈社)、他

【共著】
『宮崎県史 民俗編』
『日之影町史』
『北浦町史』
『日向市史』
『みやざきの神楽ガイド』
(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 » 
PopnupBlog 3.0 Denali-1225 created by Bluemoon inc.  
e87.com(株式会社千趣会イイハナ)
富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART