宮崎みんなのポータルサイト miten !でグルメ・イベント等の生活情報をチェック!
10周年プレゼント特集(7月)
ユーザー名:
パスワード:
トップ | 無料会員FAQ | サイトマップ | リンク集 |
すべて 食べる
遊ぶ 買う
キレイ 暮らす
健康 医療・福祉
でかけてmiten
買ってミテン
働いてミテン
 大浦歯科 

宮崎初!最新技術(光機能化技術)を導入した安心のインプラント治療
大浦歯科

当院のコンセプトは「永続性(長持ちすること)」です

当院では虫歯治療をはじめ歯周病治療・インプラント治療・義歯治療を中心とした咀嚼(そしゃく)機能の回復と審美性の改善を行っています。
生涯にわたり歯で困らない様にするためには、現時点でどういう治療が必要なのかをご提案させていただき、患者さんにとってベストな治療方法を患者さんと一緒に決めてから、治療を進めていくようにしています。

トピック
 
世界最新のインプラント治療を導入しました

現在、インプラントは医療業界で広く使用されています。医科では整形外科などの人工関節、歯科ではインプラント人工歯根です。これらに使用されているのはチタンまたはチタン合金です。

では、なぜチタンが使われるのでしょうか?

チタンの優れている点・・・1.他の金属とは違い錆びない                                                                                                2.アレルギー反応を起こしにくい                                                                                            3.チタンと骨とが結合する性質がある

これらは他の金属にはない性質なのです。
インプラントが成功する条件は、インプラントの周りにしっかりした骨が出来ることです。
そこで、インプラント製造会社は、より骨が出来るように表面や形状を研究、改良しより性能の高いインプラントを提供しようとしています。

チタンエイジング現象の発見

2009年に世界的権威のある生体材料雑誌「Biomaterials」に衝撃的な発表がなされました。
 「チタンの時間的な劣化現象」(チタンエイジング現象)です。
この発表をしたのは、アメリカUCLA(カリフォルニア大学LA校)の小川隆弘先生(歯学部終身教授位)の研究室です。



 小川先生によると、インプラント材料のチタンは、時間とともに表面の性能が落ちていくというもので、
チタンも人間と同じように年をとるというのです。

でも、ご安心ください。
このチタンエイジング現象を回復すべく、光機能化技術が発見されたのです!

今まで世界中の人(歯科医師も含む)は、インプラントは時間が経っても性能・性質は変わらないと信じてきました。しかし、最新の研究技術でチタンエイジング現象の事実とそれを回復し、さらにチタン元来の能力以上を引き出す技術が発見・開発されたのです。

光機能化技術
ある特定領域波長を含む複合波長の紫外線をインプラントに照射することにより、チタンエイジングを克服しかつ高い活性の状態でインプラント治療を行うことが可能になりました。




骨結合を超える骨結合  スーパーオッセオインテグレーション


                                        青色:骨部分  黒色:インプラント

患者さんへの効果・・・1.治療期間の短縮                                                                                                               2.より短いインプラントの使用                                                                                                 3.長期安定

この発見は、新聞等でも掲載され世界が待ち望んでいますが、世界に先駆けていち早く当医院で使用が可能になりました。尚、この光を当てることによっての毒性や材料の劣化等はありませんのでご安心ください。


インプラントの仕組み
インプラント治療とは、歯の抜けたところにインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工の歯をその上に取り付ける治療法です。埋め込まれたインプラントは、骨と結合してしっかりと固定させます。その上に取り付ける人工の歯も患者さんに合わせて一本づつ作るので噛み心地も外観も天然の歯とほとんど変わりません。
上顎洞底挙上術(サイナスリフト法)
上顎臼歯部欠損の患者さんは、骨が少なく骨高径が低いため、インプラント埋入が出来ないと言われる事があります。
また、大学病院では制度上の問題で相当大変な自家骨移植になったりします。しかし、当院では代用骨を使用して骨移植を行っておりますので、大学病院の治療と比べると比較にならないほど低侵襲な手術でインプラントを埋入する事が出来ます。

他院でインプラントはできないと断られた方もご相談下さい。



インプラント埋入後
骨は再生できます
近年は骨の再生を促す技術が発達してきました。
あごの骨(歯槽骨)が減った個所の再生を促して、周りのあごの骨の高さに揃えることが出来るようになりました。
また、再生技術は、抜歯を回避し、自分の歯を生かす手段としても役立っています。歯を残して健康な食生活を送ることも可能なのです。再生技術には、自ら再生しようとする骨に歯ぐきが覆いかぶさって再生のじゃまをしないよう、特殊な膜を張るという方法があります(GTR法)。
このほか、再生を促すゲル状の薬剤を入れて、薬剤そのものによって、歯ぐきが圧迫してくるのを押し留めるという方法も用いられます(エムドゲイン法)。
この再生技術は患者さんの状態を見ながら、どちらにするか選んで行われます。
 

基本情報
医療機関名 大浦歯科
住所 宮崎県宮崎市池内町城代800-2
電話 0985-39-1182
FAX ohura-dent@h6.dion.ne.jp
診療時間 <月〜金>AM9:00〜12:30 
       PM14:00〜18:30
<土曜日>AM9:00〜12:30
休診日 日曜・祝日
診療科目 一般歯科・歯周病科・口腔インプラント科・口腔外科
ホームページ http://www.oura-sika.jp

詳細情報
カード利用 予約
バリアフリー 日曜・祭日診療
夜間診療


 

緯度 : 31.960712 / 経度 : 131.415182 / ズーム : 15
  
 
  印刷ページを開く  

[<     1  2  3  4  5  6  7     >]



myAlbum-P 2.9   (original)   /   GM