" ぶらり宮崎さるき隊 miten

第387回『宮崎市大宮地区・金閣寺踊り・石井創造さん』2016/3/6放送

2月に引き続き、3月も宮崎市の回覧板エリア?!の情報をお送りしま~す。
やはりね、あっちこっちさるかんといかんね。知らないことが山ほどある。
これでもほんの一握りですからね。

と言うことで、今回のエリアは宮崎市大宮地区。大宮と言っても広い地区ですが、宮崎神宮界隈をから平和台公園、池内、花ケ島といったエリアになります。
まずは池内の“和田の金閣寺踊り”からご紹介しましょう。
この踊りは、元々京都を中心に武家の間で踊られていた“幸若舞”が起源になるそうです。その踊りを、当時の宮崎城主(1580年~1586年)であった上井覚兼(ウワイカクケン)が庶民に普及したと言われています。


池内地区の皆さんは伝統継承に熱い方が多いんです。宮崎城址400年祭の復活もそうでしたから!


池内町吾田で金閣寺踊りが踊られ始めたのが昭和30年。宮崎城址の研究をされていた、宮崎大学助教授の篠原先生の研究がきっかけでした。


しっかし宮崎城址の研究中によく辿り着きましたよね。金閣寺踊りを見ながら篠原教授は「この踊りは京都の武家の間で踊られていた、幸若舞の名残ではないか」そう思い調査が始まりました。
しかしその当時、詳細を知る人がほとんど残っておらず、唯一の継承者、大田原タキエさん(当時56歳)の記憶をたどるしかなかったそうです。
その後、和田地区の女性有志により本格的な練習を始動。地域行事など積極的に参加し踊りの継承が始まりました。


代々伝えられる“和田の金閣寺踊り”衣装も当時に近いものを再現されています。現在の会員は女性8名。


継承活動が実を結び、昭和63年には宮崎市民俗芸能祭りに出演。80年ぶりの復活を果たされました。
歴史の再現と伝統芸能の復活。何とか形にしたい!そんな強い思いが、地域住民を動かし、宝となっているのですね。


毎年11月に開催される宮崎市民俗芸能祭り30回目の今年。皆さんの出演が決まったそうです。ということは?木花相撲踊りも一緒に見られるんですね!

(やのpアイテム・『マスミヤ神宮店』
 http://www.masumiya.com/


~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~

続いては宮崎市南花ケ島在住の石井創造さんをご紹介します。


宮崎市北バイパス入り口交差点。西は国富方面、東はシーガイア方面に繋がっています。交差点角はとにかく多いんですって!


写真をご覧いただいてピン!とこられました?
石井創造さん。平成3年からほぼ毎日ゴミ拾いをされているんです。
このゴミ拾いも、その当時、亡くなられた奥様のお墓参りに毎日歩いて行かれていたそうなんですが、次第にポイ捨てされているゴミが目に付き、拾い始めたのがきっかけだそうです。


「燃えるゴミ・空き缶類・不燃ゴミの3種類を持っていると、分別が楽なんですよ」と石井さん。お天気やご自身の体調次第だそうですが、ほぼ毎日ですよ!


実際に私も同行しましたが、まずアスファルトにこびりついた紙?長めのヒバサミでこすり、取れるだけ取ります。私を含め多くの皆さんは、まず見過ごしそうなゴミです。
取材スタート時は、ズンズン歩く私と中々進まない石井さんで「えっ!そんな所も?」長年やってらっしゃるから、小さなゴミも自然と目に入るんでしょうね。
さらに驚きは道路脇の茂み。これまた全く目に入らない私ですが、石井さん拾う拾う。ペットボトル、中身の入った缶ジュース、空き瓶などが出てくる出てくる。過去には消火器も捨てられていたというから、本当に驚きです。
また交差点角でも石井さんのヒバサミは動きます。「交差点で信号待ちをされる方が、タバコのポイ捨てをされるんですよね」実際、本当に多かったですね、吸い殻。


宮崎神宮駅近く。花ケ島のディーラー街入り口。花ケ島自治会の1班エリアが現在の活動範囲。「早いと40分位で終わるんですけどね」


石井さんがほぼ毎日のように拾われるので、月に一度の地区の清掃日には「ほとんどゴミがない」と、自治会の皆さんに言われるんですって!そうでしょうね。


活動を通じて石井さんから皆さんに伝えたいこと「ゴミを拾って後ろを振り返ると、キレイになっているんです。その時は自分も気持ちよくなりますから、私の心の修行の一環ですね。でも、一つだけ。皆さんのご自宅の庭や家の中でポイ捨てしたことあります?ですから…捨てないことですよね」
今年88歳を迎えられた石井創造さん。もしかしたらこのお名前にピン!とこられた卒業生の方もいらっしゃるかもしれませんね。
長年学校の先生を務められ、昭和63年。田野町立(現在宮崎市立)七野小学校の校長先生を最後に定年退職されました。
石井先生の言葉、重みがありますね~。「家でポイ捨てしないでしょ」


カラフルな冊子。手作りで製本されたんですって!


新聞の折り込み広告を利用し、保育園の園児へプレゼント。「これも私に出来る地域へのご奉仕です」いやぁ~、誰でも出来ないんですって!石井先生。


*取材協力
 宮崎市地域振興部地域コミュニティ課・大宮地域事務所
 0985-26-1120




~~~~~~~

*3月のプレゼント*
(1)おしゃれの穴場マスミヤお買物券2000円分    2名様
(2)ホテルメリージュランチペア券             1組様
(3)【店頭渡し】日向市ケーキファクトリーフクヤ
                ヘベレーヌセット(6個)    2名様
(4)【店頭渡し】宮崎市生目の黒皮かぼちゃ2個入り  1名様
(5月下旬までの受け渡しになります。但し、4月29日~5月5日と日曜日は除きます)


【応募の際に必ずご確認ください】
プレセントが当選した場合は、miten会員情報にご登録頂いた住所に郵送されますので、
応募の際は住所が正しい事を確認してご応募ください。ご確認・変更はこちらから



ご当地クイズはこちらから”!※ログインが必要です。