ぶらり宮崎さるき隊 miten

第373回『続編・田の神さあ&足湯巡り』2015/11/29放送

あ―――――っという間に、えびの市編最終となりました!
今年はつい最近まで暑い秋!?でしたが、紅葉の始まりとともに"えびの"の秋をお伝えし、いいタイミングで初冬を迎えようとしていますものね。
う~ん、本当にナイスタイミング!
ということで、引き続きえびの市をご堪能いただきましょう!!
 えびのと言えば田の神さあ。 前回お勉強しました通り、田の神さあには『農民型・地蔵型・神官型・自然石型』があります。えびの市内には約150体の田の神さあがあり、地元の皆さんが今も大事に祀られています。
 今回訪れた場所は、えびの市歴史民俗資料館からえびの高原方面に向かう途中の池島地区です。


えびの市池島地区の田の神さあは自然石型。さぁ、どれだかわかりますか?


えびの市にある田の神石像として最も古く作られたものは、前回ご紹介しました、中島地区の神官型のものです。 その石像が作られる前は、自然石を立てて田の神として祀られていたそうです。


中央に鎮座されている神官型の田の神さあ。その両サイドに祀られているのが、自然石型の田の神さあです。


田の神さあにまつわる風習は、今もえびの市内の各地区に残されています。
『回り田の神』という風習は、農家を次々に回り豊作を祈願するもので、当番の家では、田の神像に化粧をし、ご馳走を作って大事に床の間にまつるそうです。春と秋に交代で次の座元に回っていくそうですが、平日に酒を飲むことが禁止されていた時代、この日だけはお酒を飲んでもよかったそうです。(えびの市HPより抜粋)(http://www.city.ebino.lg.jp/ )
「次はちょっと珍しい田の神さあを見に行きましょう!」えびの市役所の後藤さんと、えびの市観光協会の横手さんの案内で訪れた場所は、これまただだっ広~い田んぼの前に建立されている水流地区の菅原神社。
菅原神社には菅原道真公が祀られていますが、境内には神官型の田の神さあも祀られているんです。  


神社の前は霧島連山が望め、新米の収穫時期にはこのような黄金色が辺り一面ひろがりまーす!


こちらの田の神さあ、お顔と肩に刃物で切られた跡が残っているんです。地元の皆さんによって大事に残されているんですよね。


その田の神さあが見守る中、取材当日は稲刈り真っ最中!じっとしてらんないよね。何だかわからないけど、突撃―――!


水流地区の水流さん。オープンカータイプ?のコンバインに乗せていただきました!「美味しい美味しいえびの米、JAで購入してくださ~い」

こちらはキャビネットタイプ。あっ、お名前聞くの忘れた!とっても忙しいのにこの笑顔で対応してくださいました。ありがと―――!


田んぼの畦道に!農民型の田の神さあにお会いすると、何故だかほっかりしますね~。


田の神さあ巡りのあとに足湯に入って一息つきましょうか。こちらは京町温泉郷の"いこい壮"。指湯も一緒にど~ぞ。


同じくこちらは松尾旅館。えびので足湯巡りするときは、タオル一枚あればOKですよ!足湯はどこも無料です。
(やのpアイテム・マスミヤ神宮店
 http://www.masumiya.com/


『えびの市観光協会』
えびの市大字永山1006-1
0984-35-3838
(http://www.city.ebino.lg.jp/ )


えびの市京町の国道沿い、十兵衛うどんさん!お馴染みですね。

十兵衛さんの足湯も勿論、無料!


宿泊のお部屋を見せていただきました。お部屋に露天風呂もあり、とっても素敵だったわ~。


お腹すいたからね!こちらはレディースセット。柑橘系のドリンク付き。


メニュー多くて悩んだわぁ。こちら十兵衛うどん膳。後藤さんが平らげました~。



『十兵衛うどん』
えびの市大字向江212-1
0984-37-2799
(http://www.jyubei.co.jp/ )




~~~~~~~

*11月のプレゼント*
(1)おしゃれの穴場マスミヤお買物券2000円分    2名様
(2)ホテルメリージュランチペア券             1組様
(3)(店頭渡し)日向市・ケーキファクトリーフクヤ
  ヘベレーヌセット                     2名様
(4)えびの市白鳥温泉上湯下湯共通券
  &道の駅えびの・きんかんスイーツご招待     3組様
(5)道の駅えびの・新米ひのひかり5kg(店頭渡し)   3名様


【応募の際に必ずご確認ください】
プレセントが当選した場合は、miten会員情報にご登録頂いた住所に郵送されますので、
応募の際は住所が正しい事を確認してご応募ください。ご確認・変更はこちらから



ご当地クイズはこちらから”!※ログインが必要です。