第352回『カネナ醤油の宮崎ポテトチップス』2015/7/5放送

突然ですが、みなさんは『宮崎のお土産』と聞いて何を思いつきますか?
そうです、そうです。色んな商品が出てきますね~。贈りたい方を想像して、あれこれ考えながら、宮崎ならではのお土産を選ばれることと思います。
ではもう少し絞り込みましょうか。
その宮崎のお土産の中でも"お菓子"となると?またまた、そのお菓子の中でも『パリッサクッ』に限定していくと~???
はい!と言うことで今回は知ってるようで知らない、その商品の誕生秘話とともに、さるき隊特別篇『宮崎のお土産・お菓子』の情報をお送りしま~す!!

宮崎ポテトチップス・シリーズ第3弾!ってご存知でした?私「え―――!そんなんあるの??」

    

このパッケージ、よーく見てくださいね。創業130年…。そうです老舗店で、しかも丁度1年前にさるき隊でお邪魔しました、あの場所!


ある日のこと。「カネナ醤油さんのポン酢を買いに行かなきゃ」そう思って、私が宮崎市折生迫のカネナ醤油さんに直接伺ったのが、今回の特別篇をやる発端。
奥様のよう子さんが「実はうちの醤油で、ポテトチップスが出来たんですよ」「えっ?ポテトチップス??」カネナ醤油さんに、直接ポン酢を買いに行かなきゃ多分知らない情報で、しかも「へ~、そうですか」で終わらせていたら、多分なかったなぁこの特別篇。
「よう子さん、この商品の開発者を教えてください!!」
「開発されたのは宮交ショップ&レストラン。担当者は…」
宮交ショップ&レストラン。皆様、ご存知ですよね。宮崎観光の再生と繁栄のために、また観光のけん引役を果たそうと、平成12年2月に設立されました。
「地元の文化や風土を、お土産を通じて手にするお客様に伝えたい。地元の歴史ある店舗とコラボレーションすることで、その各地をクローズアップする!その橋渡し役が、私達の役目だと思っているんです」
さるき隊の趣旨とほぼ同じですね~。
ということで、商品開発に携わられた川口さんに取材同行をお願いしました。

宮崎市青島の長友味噌醤油醸造元。工場に近づくと醤油の香ばしい香りが…。「すみません、お餅焼いてます?」

っていうか、食べるの?左から宮交ショップ&レストランの川口さん・カネナ醤油の塩見裕一郎さんと奥様のようこさん。
(やのpアイテム・マスミヤ神宮店
 http://www.masumiya.com/


川口さんが青島パームビーチホテル(現ANAホリデーインリゾート宮崎)に勤務されていた時、ホテル内の売店スタッフの方が「青島にある商品をプロデュースして、ここで販売したい!」この一言で、まず川口さんとカネナ醤油さんとが繋がります。
宮崎ポテトチップスもシリーズ第3弾目。せっかく作るんだったら宮崎の観光地の一つ、青島を絡めた何かを!と言うことでこれまた繋がっていくんですね~。
「ポテトチップスに醤油の粉末をまぶそう」そう思ったそうなんですが、醤油を粉末にすることは技術的にかなり至難の業。「じゃあ醤油タンクの淵についている、この結晶は?」すっごい着目ですよね。ただ残念ながら、色は醤油でも味がしないそうなんです。
「ここで挫折か!」と思いきや「醤油を絞ったあとに出るこの"もろみ"はどうされているんですか?」と、醤油に関する全ての工程をチェック。徹底的に追及し「絞り切ったもろみを粉末にする」ことに辿り着いたそうです。
粉末に使うもう一つの食材カツオ節は、鹿児島県枕崎や南郷町で水揚げされたカツオから出来たもの。そして青島沖の海水で作られる『満潮の塩』が使われています。


営業担当の"てっちゃん"こと日高哲志さんは「醤油とポテトチップスをセットにして配達しています!」てっちゃんは、お客様の人気者なんです。
 


児湯地区まで配達を担当されている"てっちゃん"にお客様の反応を聞くと「最初は、お醤油屋さんがポテトチップスを持ってきた?!」と、驚かれていたそうですよ。いや、驚くよ!
商品開発をされた川口さん「130年の伝統をポテトチップスとして表現する難しさ。
昭和の香りやレトロな雰囲気をデザインすることで、クリアできたと自信があります。お土産はただ単に作るだけではなく、伝統・風土・人など、商品を通じて伝えることが大切なんです。観光業はその最前線にいますからね。」
平成26年1月に誕生した、宮崎ポテトチップス第3弾。多くの方の想いが詰まっていますね~。
さぁ、広報担当は皆さまですよ!宮崎のPRをお願いしますね。


今月の月間プレゼントにもご協賛いただきました。
勿論宮崎ポテトチップス(350円)入りですよ~。


『宮崎ポテトチップス』取扱店
 *長友味噌醤油醸造元・カネナ醤油
   宮崎市青島5丁目8-1   0985-65-1226  http://kanena.jp/

 *宮交ショップ&レストラン
   宮崎空港・霧島サービスエリア上下線・生駒高原・青島屋
   ・高岡町やすらぎの里・佐土原町石崎浜歓鯨館   http://www.s-and-r.jp/

   *イオン宮崎・宮交シティー・生協みやざき

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『かまえ情報局!!』

さるき隊では月2回、番組内で大分県佐伯市"道の駅かまえ"の美味しい情報を、市橋店長と一緒にお送りしています。前回もお伝えしましたが、今が旬、岩ガキ料理。道の駅かまえでは7月一杯まで美味しく美味しくいただけますよ。

1年通して大人気の海鮮丼。見ても幸せ、食べたらもっと幸せ♪

岩ガキ料理は期間限定メニュー。こちらは岩ガキフライ丼♪ご飯は牡蠣のエキスで炊き上げてる~!!




~~~~~~~

*7月のプレゼント*
(1)おしゃれの穴場マスミヤお買物券2000円分            2名様
(2)ホテルメリージュランチペア券                     1組様
(3)大分県佐伯市・道の駅かまえ海産物セット3,000円分      2名様
(4)(店頭渡し)日向市ケーキファクトリーFUKUYAヘベレーヌセット 2名様
(5)延岡市廣寿司大将お任せ夜のお食事ご招待           1名様
(6)(店頭渡し)宮崎市青島・カネナ醤油2000円セット         2名様
(7)(店頭渡し)宮崎市塩路・ぽっくる農園2000円セット        2名様
(8)(店頭渡し)宮崎市城ケ崎・お菓子の日進堂2000円セット    2名様
(9)(店頭渡し)都城市上町・肉のふくしま2000円セット        2名様

【応募の際に必ずご確認ください】
プレセントが当選した場合は、miten会員情報にご登録頂いた住所に郵送されますので、
応募の際は住所が正しい事を確認してご応募ください。ご確認・変更はこちらから



ご当地クイズはこちらから”!※ログインが必要です。