第252回『都城市・ヤマエ食品工業』2013/8/4放送

暑中お見舞い申し上げます!
しっかし、毎日毎日あぢぃ―――ですねぇ。
夏バテされてません?「食欲なくって…」そんな方も多いかな?
そこで8月のさるき隊は~この暑さを乗り切るために~をテーマに、わたくしの独断と偏見でお送りしまぁす。

暑さで食欲がいまいちだなって時に、私ソーメンを食べるんですが、薬味たっぷり入れたソーメンって、食がすすみますよね!ということで、ソーメンと言えば麺つゆ!麺つゆと言えば“高千穂峡つゆ”。
そこで創業142年の老舗『ヤマエ食品工業』さんに取材依頼。
特に「何とかその場所でソーメン食べちゃダメですか?」とお願いしたところ、快諾頂きましたぁ!
現在ストレートつゆには“あごだし”“椎茸だし”“甘口”“うま口”と4種類の味があります。 この“高千穂峡つゆ”ストレートつゆ九州人気№1(かつおうま口)を獲得しているんです。 宮崎の自慢ですわぁ。
ヤマエ食品工業さんの経営理念に「南九州の特産や食品を使っての商品化」があるそうですが、 ストレートつゆ以外にも醤油・味噌・白だしなど種類も色々。 中でも一押し商品が“空飛ぶ玉ねぎ”をたっぷり使ったドレッシング。 こちらは新玉ねぎの甘さを活かした一品になっています。
工場近くから、何だかいい香りが漂っていると感じ敷地内を進んでいくと、まぁ香ばしいこと。 白ご飯手に訪れたい気分でしたわ。
工場内は全てオートメーションなんですが、やはり最終チェックは人の手で総仕上げなんですって。
ところで、都城市に会社を構えるヤマエ食品工業さん。何故“高千穂峡”だったのか。
今から20数年前の商品開発当時。宮崎を売り出すために全国的な知名度も合わせて、 商品名に宮崎らしさを出そうと話し合いが行われ、結果、最終的に“高千穂峡”に決定したそうなんです。 勿論、関之尾の滝も候補にあったそうです。

宮崎を代表する味を支えていくこと。それは!食べて消費することですもんね。
この夏、麺つゆの食べ比べ…なぁ~んてのもいいかもね。

シャワーキャップが恐ろしく似合う…。
いざ、出陣!

こちらは商品用の洗瓶中

商品キャップがはめられる工程

本日は椎茸だしの日!
多いときは1日2万本分作られます。

最終チェックは全て人の手で

15本の高千穂峡つゆを一気に箱詰め

!!?ゲームの何かに似てません?

特殊な吸盤で箱積みされます。

直径2mほどのタンクでは、九州№1の人気商品“うま口”の煮込み中

ヤマエ食品工業さん、工場見学OK!です。

ヤマエ3本セットのプレゼントゲット!
詳しくは番組内、またはさるき隊ご当地クイズにて。
営業の中村さんと製造の西園さん。

夏はやっぱりソーメンだねぇ~。
薬味もたっぷりね!

『ヤマエ食品工業株式会社』
都城市西町3646   0986-22-4611
www.yamae-foods.net



~~~~~~~

*8月のプレゼント*
(1)マスミヤ全店共通お買物券2,000円相当      2名様
(2)宮崎市・ホテルメリージュランチご招待ペア券    1組様
(3)延岡市・廣寿司握りずしセットご招待         1名様
(4)都城市・ヤマエ食品工業よりヤマエセット(麺つゆなど)  10名様
(5)【店頭渡し】都城観光協会・滝の駅セット2,000円相当   2名様
(6)日南市・戸村フーズのタレ3本セット(焼肉・しゃぶしゃぶなど)  3名様


【応募の際に必ずご確認ください】
プレセントが当選した場合は、miten会員情報にご登録頂いた住所に郵送されますので、
応募の際は住所が正しい事を確認してご応募ください。ご確認・変更はこちらから



ご応募はこちらから”!※ログインが必要です。