第232回『諸塚村伝説“吉野宮物語”・豆乳糸こんにゃく』
『宮崎お宝発掘モニターバスツアー』2013/3/17放送

今回の諸塚村は村全体の右側中央付近の南川地区です。
まずは南川で伝承されている『吉野宮物語』を紹介します。
今から600年ほど前の足利時代中期のこと。
吉野朝廷の密命を帯びた検校(盲目の僧侶で日本でも2番目の位の方)が、 諸塚村と旧北郷村との境で盗賊に襲われ殺害されてしまいました。
この事に村人たちは悲しみ、また不憫に思い、盲僧の霊を慰めるために『吉野宮』として吉野宮神社に 目の神様として祀られるようになったそうなんです。

50年ほど前に500年祭が行われたそうなんですが、この話の文献がほとんど残されていないため、 諸塚村南川地区の皆さんが、今でも言い伝えをまとめるため、延岡市で調査をされている方に話を 聞きに行ったり勉強会をされているんですって!
昭和48年には歴史家によって調査され残された書物もあります。
宮崎の県北三大祭といわれている『吉野宮神社・座頭祭り』は毎年3月28日に行われています。
桜のいい時期でもありますので、是非お出かけになりませんか?

『吉野宮物語に関する問い合わせ先』
*諸塚村観光協会   0982-65-0178
*HP  http://www.vill.morotsuka.miyazaki.jp/

今回の南川地区は地図の右側中央辺り

吉野宮物語は今でも南川地区の皆さんが地道に調査されています。

調査を進める中心人物、すなおさん!

やのpアイテム・マスミヤ神宮

吉野宮物語は諸塚村観光協会でお尋ねください。

五味太郎さんのイラストで絵本や絵葉書も販売されています。

諸塚村には6つの加工グループがあるそうなんですが、その中のおひとつ、 南川農村加工施設にお邪魔しました。
訪れたこの日は生憎の雨。施設の入口にはコンニャクが扇風機にさらされ、扉を開けると、餡子のいい香り! 入ってすぐ「いやぁー、今日は雨が降るから取材はこんばい(来ない)と思っちょったぁーあーははははは!」 ですって。のっけからいい味出してくださったのは、南川農村加工施設のドン!西川イサノさん。 手には何やら香ばしいお団子(実際頂きましたけど、美味しかったねこれが!)おまけにストーブの上には アルミホイルに包まれた巨大な何かが置いてあり、正しく休憩中。
勿論マイク片手にお話を伺いましたけれど「まぁ、座んねぇ。コーヒーば入れてやるが。」 (多分、取材って思っていないな。)
でもね、色々お話を伺っていると、忘れかけていた諸塚の美味いもの! を思い出させてくれたのよイサノさん。
実は数年前まで、仕事で年に1~2回諸塚を訪れていたことがありまして、その時に必ず買うものが あったんです。それが『豆乳糸こんにゃく』。普通の糸こんにゃくとは違って、サラダ感覚でドレッシングを かけるだけでもまろやかで食べやすいんです。その豆乳糸こんにゃくを作ってらっしゃるのが、 西川イサノさんなんです。今では“よもぎ”“ゆず”など、季節の食材も練りこんだものまであるらしく、 さらに宮崎市内のホテルと取引されてるって!!!こりゃ凄い。 でもイサノさん「大豆を炊いてその絞り汁を入れて作るけど、色々作りきらんと。大変なとよぉ。」 手間暇が相当かかるみたい。それでもお客様の要望が多いんですって。だって、本当に美味しいのよ。
昭和60年~30年にわたって活動されている、ベテランの味を皆様も召し上がってみてください! きっとイサノマジックにかかりますよ。

『豆乳糸コンニャク取扱店舗』
*諸塚村(もろっこはうす)・椎葉村・日向市(野菜館)・
  都農町(パントリーけいすけ)・宮崎市(海幸山幸)
【問い合わせ先】
*もろっこはうす  0982-65-0264
*ふるさと物産館・海幸山幸   0985-61-3950

この日は雨模様。
扇風機にさらされた“こんにゃく”

ぷるんぷるん!

南川農村加工施設。扉の向こうでは…。

何かが蒸されている。

村内6か所の加工グループがありますが、こちらでも“ヨモギ団子”!

西田イサノさんとご主人の“のぶゆき”さん。私が手にしてるのがオススメ豆乳糸こんにゃく!



◆ 宮崎お宝発掘モニターバスツアー ◆
3月9日土曜日、快晴。花粉飛散大量おまけに黄砂も飛んでる。
そんな中『宮崎お宝発掘モニターバスツアー』は出発しました。
ルートは、宮崎のお伊勢さんと呼ばれる日向市大御神社・素晴らしい天井画が残されている門川町の勝蓮寺。 そして昼食は宮崎ブランド“金鱧”を使った料理に舌鼓。さらに延岡市祝子川の神さん山へと向かう 県北ルートです。
さるき隊では、この様子を3週にわたってご紹介します。
まずは日向市大御神社です。
大海原を見渡す絶景の柱状岩上建立された大御神社。境内には日本最大級のさざれ石群があり、 天孫ニニギノミコトが岩にお立ちになり、目の前に広がる大海原を眺望されたといわれています。
この2か所はご存知の方も多いと思いますが、“龍神伝説”は知る人ぞ知る話。 境内の東側を海沿いに進むと大きな洞窟に辿り着きます。そこが鵜戸(洞窟)神社です。 そこでは、古代の人々が龍神信仰のために人工的に作られたとされる“白龍”の姿が…!
ひむかの国のスピリチュアルスポットの一つ、日向市大御神社でのダイジェスト版は、写真でお楽しみ下さい。

『大御神社』
*日向市伊勢ケ浜   0982-52-3406
*HP  http://www.oomijinja.jp/

AM8:00宮崎駅出発。
宮崎お宝発掘モニターバスツアー。

バスガイドは横山満穂さん!

車中では朝からじゃんけん大会。
この時まだ9時前…。

はまぐり碁石の里で休憩。

只今、はまぐりの炊き込みご飯、試食中。

白ワインかと思いきや、日向夏ドレッシングでした。オシャレ!

大御神社で鵜戸神社の説明を受けています。

大御神社では、海底火山活動など大自然が織りなす造形美、三代の亀岩が見られます。

ツアー参加者の皆さんも
「知らなかったぁーーー!」と感激中。

鵜戸神社へは歩きやすい服装で向かってください。

5000年前に人の手によって掘削されたとされる洞窟。鵜戸とは洞窟の意味なんですって。ある立ち位置にいくと“白龍”の姿が。

大御神社は国登録有形文化財(本殿・幣殿・拝殿)で御祭神は天照大御神です。

只今、改装中

この日は海面の輝きが特に素晴らしかった!(思い切り逆光です)

こちらがさざれ石群と龍神の玉(右下)が見える場所。

参加者の皆さん口々に
「知らないスポット多い!」



~~~~~~~

*3月のプレゼント*
※【諸塚村協賛】の店頭渡しの窓口は“諸塚村観光協会”になります。
(1)マスミヤお買物券2000円分         1名様
(2)延岡・廣寿司特製黒棒鯖(店頭渡し)   3名様
 【諸塚村協賛】
(3)七ツ山婦人部・柚子胡椒2本&ブルーベリージャムセット(店頭渡し) 1名様
(4)やかた婦人部・椎茸ドレッシング2本セット(店頭渡し)  1名様
(5)どんこ亭ランチバイキングご招待      1名様


【応募の際に必ずご確認ください】
プレセントが当選した場合は、miten会員情報にご登録頂いた住所に郵送されますので、
応募の際は住所が正しい事を確認してご応募ください。ご確認・変更はこちらから



ご応募はこちらから”!※ログインが必要です。